コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソッツィーニ Sozzini, Fausto (Paolo); Socinus, Faustus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソッツィーニ
Sozzini, Fausto (Paolo); Socinus, Faustus

[生]1539.12.5. イタリア,シエナ
[没]1604.3.3. ポーランド,ルツラウィツェ
ユニテリアン派の神学者。ソッツィーニ主義の開祖。Socini,Soziniとも記す。イタリアの名門の出。当初は法律を学んだが,のち伯父レリオ・ソッツィーニの影響下に神学の研究に専念。イタリア在住中に反三位一体論的な論説を発表(→三位一体),また『聖書の権威について』De Sacrae scripturae auctoritate(1570)を匿名で出版した。庇護者コジモ1世の死後イタリアからバーゼルに移って聖書研究を続けた。バーゼル時代の救済観念に関する J.クーエとの論争は有名。その後 1580年にユニテリアン派との接近を企てポーランドに赴き,やがてユニテリアン派の神学上の指導者となる。1588年ポーランドの貴族の女性と結婚。予定説(→予定),キリストの贖罪原罪などの教義を否定し,1594年クーエとの論争に基づく『救い主イエス・キリストについて』De Jesu Christo servatoreを出版してクラクフで迫害を受けた。晩年は病気がちであったがポーランドのユニテリアン派諸団体の統一に大きな役割を果たした。死後,教理問答『ラカウ・カテキズム』Rakauer Katechismus(1605)がポーランドで出版された。ソッツィーニ派の著作を集めた "Bibliotheca Fratrum Polonorum quos Unitarios Vocant"(8巻,1656)の 1,2巻にはソッツィーニの作品が収められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ソッツィーニ

イタリアの神学者。叔父L.ソッツィーニの影響を受けて神学を学ぶ。イエス・キリストの父のみを神と認め,教会と国家の分離を説く反三位一体論の立場を明らかにし,1579年以後ポーランドで,のちにソッツィーニ主義と呼ばれ,ユニテリアンにひき継がれる思想の普及に努めた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ソッツィーニ【Fausto Sozzini】

1539‐1604
イタリアのシエナの名門に生まれた自由思想家。叔父レリオ・ソッツィーニLelio Sozzini(1525‐62)の唱えた反三位一体論の後継者。レリオは法学を学んだのち宗教改革に心を向け,内外の改革者と交際するが,ついに三位一体の教義を否定する自由なグループをつくり,チューリヒで死んだ。ファウストはメディチ家に仕えている間はカトリックを奉じていたが,バーゼルで神学研究をして三位一体論に反対の立場を明確にし,1578年トランシルバニアに移り,79年ポーランドのクラカウ(現,クラクフ)に行って終生そこにとどまった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ソッツィーニの関連キーワードアルミニウス派カロフ