コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソリュートレ文化 ソリュートレぶんかSolutré culture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソリュートレ文化
ソリュートレぶんか
Solutré culture

西ヨーロッパ,特に南西ヨーロッパにみられる後期旧石器時代中葉の文化。それ以前の広義のオーリニャック文化,このあとに続くマドレーヌ文化と大きく異なり,押圧剥離を施した石槍が特徴的。前期では片面加工の石,中期では月桂樹葉形の石槍,後期では有肩の石槍などである。それとともにすぐれた石刃剥離技術をもっていることでも著名である。これがどのような形でフランスを中心とする南西ヨーロッパに出現したかは現在では明らかではない。故地を北アフリカもしくは中央ヨーロッパに求める考え方もあるが,なお定説にはなっていない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ソリュートレ文化【ソリュートレぶんか】

フランスのソリュートレ遺跡を代表とする後期旧石器時代文化。フランス,スペインを中心に分布。押圧剥離(はくり)による石刃技法が特色。ゲッケイジュ葉形,柳葉形の尖頭器・骨角製の長い槍先,石錐(せきすい)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ソリュートレぶんか【ソリュートレ文化】

フランスのソリュートレSolutré遺跡を標準遺跡とする後期旧石器時代文化。2万年前頃の気候が温暖化しつつあった時期に始まり,温暖湿潤のラスコー休氷期(1万7000年前頃)まで続いた。その分布の中心はロアール川からピレネー山脈の間で,ローヌ川以西にあるが,スペインを含め,その周辺地域にも認められる。起源および文化浸透の問題をめぐり,石器製作技術の面からウクライナのコスチョンキ遺跡群,ハンガリーのセレタ文化,北アフリカのアテル文化と,おのおのの遺物が対比された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソリュートレ文化
そりゅーとれぶんか
Solutr

フランス、ローヌ川中流域のソリュートレ遺跡を標準遺跡とする後期旧石器時代文化。2万年前ごろに始まり、1万7000年前ごろの温暖湿潤なラスコー休氷期まで続いた。ローヌ川以西のロアール川からピレネー山脈の間が分布の中心であるが、スペインを含め、その周辺地域にも認められる。起源および文化浸透の問題をめぐり、ウクライナのコステンキ遺跡、ハンガリーのスツェレタ文化、北アフリカのアテル文化に対比されたが、それらはすべて編年学的に時間差が大きいとされた。今日ではソリュートレ文化のフランス起源説が強い。打撃角の低い細部調整を全面に及ぼした尖頭(せんとう)器に特徴がある。その器形に従って、前期(片面調整尖頭器)、中期(月桂樹(げっけいじゅ)葉形尖頭器)、後期(柳葉形尖頭器、有肩尖頭器)に区分される。また骨製針は現在、最古のものである。美術品は乏しいが、ロック・ド・セール遺跡の浮彫りは、主題の動物の彫り替えがあり有名である。[山中一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ソリュートレ文化の関連キーワードフォン・ド・ゴーム洞窟ロージェリーオート遺跡アルタミラ洞窟パルパリョ遺跡山中一郎骨角器

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android