コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソルベンシーマージン比率 ソルベンシーマージンヒリツ

デジタル大辞泉の解説

ソルベンシーマージン‐ひりつ【ソルベンシーマージン比率】

《solvency marginは、支払い余力の意》通常の予測を超えるリスクに対して、保険会社にどの程度の保険金の支払い余力(余裕資金)があるかを示す指標。銀行の自己資本比率に相当する。平成8年(1996)施行の改正保険業法に基づいて導入。この比率が200パーセントを超えていれば安全と見なされる。保険金支払い余力比率。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ソルベンシーマージン比率

保険会社が契約者に保険金を支払うために、どれだけ資金に余裕があるかを示した数値(単位は%)。数値が高いほど健全とされる。金融庁は200%を下回ると経営改善を指示し、0%未満まで下がると業務停止を命じる。2008年秋のリーマン・ショック直後、損失を被る恐れが高い金融商品で資金運用していた旧大和生命が経営破綻(はたん)した。金融庁はこの反省などから規制を強め、比率の算出基準を厳しくした。新基準では、損失を被る恐れが高い株式などを持っていると従来よりもソルベンシーマージン比率が低くなる。11年3月期決算で新基準の比率が参考値として初公表され、12年3月期から導入される。

(2011-05-27 朝日新聞 朝刊 6総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

ソルベンシーマージン比率の関連キーワード保険金支払余力比率早期是正措置