コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソレルス Sollers, Philippe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソレルス
Sollers, Philippe

[生]1936.11.28. ジロンド,タランス
フランスの小説家,批評家。ヌーボー・ロマンによる破壊と建設を踏まえたうえで,さらに先に進み,あらゆる既成の概念を破棄して,人間の内面の動きを直接エクリチュールに定着させるべく,書くこと自体の意味を探る。前衛的季刊誌『テル・ケル』 Tel Quelの編集に 1960年の創刊時からたずさわり,多くの評論を執筆,1960年代末からはマルクス主義,さらには毛沢東主義に傾いた。 82年『テルケル』廃刊。 83年『ランフィニ』として再出発させ,みずからは難解を廃し,一転してベストセラー作家となる。短編『挑戦』 Le Défi (1957) ,長編『奇妙な孤独』 Une curieuse solitude (58) ,難解な小説風の作品『公園』 Le Parc (61) ,『ドラマ』 Drame (65) ,改行も句読点も一切ない『楽園』 Paradis (2巻,84,『テル・ケル』に 74年から連載) ,ベストセラー『女たち』 Femmes (83) ,『絶対的心情』 Le Coeur absolu (87) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ソレルス

フランスの作家。小説《奇妙な孤独》(1958年)をモーリヤックアラゴンに激賞され,その後《公園》(1961年)で斬新な手法を用いて一躍〈ヌーボー・ヌーボー・ロマン〉の旗手となり,季刊誌《テル・ケル》を創刊し,思想と文学の最先端を突き進んだ。
→関連項目クリステバポンジュ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ソレルス【Philippe Sollers】

1936~ ) フランスの作家。文芸季刊誌「テル-ケル」の中心人物として1960年代以後の前衛文学を主導。作品ごとに激しい変貌をみせる。小説「公園」「楽園」「女たち」、評論集「ロジック」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソレルス
それるす
Philippe Sollers
(1936― )

フランスの作家。ボルドー生まれ。パリに出て経済学を学び、1957年、短編『挑戦』でモーリヤック、アラゴンに激賞され、翌年の長編『奇妙な孤独』で一挙に新進作家として認められた。60年、季刊誌『テル・ケル』創刊の際、編集陣に加わる一方、ヌーボー・ロマンをしのぐ新手法による小説『公園』(1961)を発表、その急激な変貌(へんぼう)は人々を驚かせた。『ドラマ』(1965)、『数』(1968)、『法』(1972)など、作品は一作ごとに深く激しい変化をみせ、難解の度を深めていったが、74年以降『テル・ケル』に発表し始めた『楽園』は、82年同誌が廃刊され、同じく季刊誌『ランフィニ』L'Infiniに引き継がれたあとも連載された。また、ガリマール社に移籍して発表した『女たち』(1983)、『遊び人の肖像』(1984)は、それまでの難解さを一変させ、新しい「ビタ・セクスアリス」Vita Sexualisとしてベストセラーとなり、またまた世人を驚かせた。その後も『ゆるぎなき心』(1987)、『黄金の百合』(1989)、『秘密』(1992)、『ルーヴルの騎手』(1995)など、話題作、問題作を発表しつづけている。『テル・ケル』時代に、マルクス・レーニン主義や毛沢東(もうたくとう)思想への接近、サド、アルトー、バタイユ、フロイト、ジョイスなどへの関心、さらにアメリカ特集(1977)など、「変節漢」の罵声(ばせい)を浴びながら変貌と転向を繰り返した。しかし、その底には西欧思想全体の見直しを迫るための揺さぶりという一貫性が認められる。感性と知力と決意によって、またその文才によって、自由と幸福の追求という点においては現在もっとも際だつ作家の一人である。[岩崎 力]
『清水徹訳『奇妙な孤独』(『現代フランス文学13人集1』1965・新潮社) ▽岩崎力訳『公園』『ドラマ』『数(ノンブル)』(1966、1967、1976・新潮社) ▽岩崎力訳『ニューヨークの啓示――ディヴィッド・ヘイマンとの対話』(1985・みすず書房) ▽岩崎力訳『遊び人の肖像』(1990・朝日新聞社) ▽岩崎力訳『ゆるぎなき心』(1994・集英社) ▽岩崎力訳『黄金の百合』(1994・集英社) ▽鈴木創士訳『女たち』(1993・せりか書房) ▽野崎歓訳『秘密』(1994・集英社) ▽菅野昭正訳『ルーヴルの騎手』(1998・集英社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ソレルスの関連キーワードフィリップ フォレストリトル・マガジンロートレアモンメディシス賞ギュイヨタ中心人物フランスロジック心理小説コフマン同人雑誌岩崎力主導

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android