コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソレル ソレル Soler, Antonio

13件 の用語解説(ソレルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソレル
ソレル
Soler, Antonio

[生]1729.12.3. オロトデポレーラ
[没]1783.12.20. マドリードエルエスコリアル
スペインの作曲家。モンセラト修道院で音楽を学び,レリダ大聖堂の楽長を経て,1752年マドリード近郊エルエスコリアル修道院オルガニストとなる。 D.スカルラッティの教えと影響を受け,多数の鍵盤楽曲,室内楽教会音楽を作曲した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ソレル
ソレル
Sorel, Agnès

[生]1422頃.フロマントー
[没]1450. アンヌビル
フランスシャルル7世の愛妾。4王女の母。 J.クールらとともに王の側近となり,国王の政治にかなりの影響力を与えた。急死したため毒殺の風評が立ち,王子ルイ (のちのルイ 11世) に疑惑が及んだが確証はない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ソレル
ソレル
Sorel, Albert

[生]1842.8.13. カルバドスオンフルール
[没]1906.6.29. パリ
フランスの歴史家。 H.テーヌの弟子にあたる。外交史に才能を発揮し,フランス革命期外交史を研究。主著『ヨーロッパとフランス革命』L'Europe et la Révolution française (8巻,1885~1904) は,フランス革命期とナポレオン時代の国際関係についての卓越した研究である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ソレル
ソレル
Sorel, Charles, sieur de Souvigny

[生]1602
[没]1674
フランスの小説家。悪者小説『フランシヨン滑稽物語』L'Histoire comique de Francion (1623) ,風刺小説『突飛な羊飼い』 Le Berger extravagant (27) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ソレル
ソレル
Sorel, Georges

[生]1847.11.2. フランス,シェルブール
[没]1922.8.28. フランス,ブーローニュシュルセーヌ
フランスの思想家エコール・ポリテクニク出身の技師であったが独学で社会主義思想や哲学を研究。マルクスプルードンベルグソンウィリアムジェームズニーチェらの影響を受けた独特の社会理論を展開し,サンディカリズムの理論的基礎づけを行なったが,他方,一時期アクシオン・フランセーズに接近したこともある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ソレル
ソレル
Sorel

カナダ,ケベック州南部の都市。セントローレンス川南 (右) 岸の支流リシュリュー川が合流する地点に 1642年建設された要塞を中心に発達。農業地帯の行政,文化,商業の拠点。歴史博物館,2つの大聖堂,ゴシック様式の聖堂 (1842) などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ソレル(Georges Sorel)

[1847~1922]フランスの社会思想家。サンジカリスムの理論的指導者で、議会主義の偽善に対して、暴力の倫理性を説いた。著「暴力論」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ソレル

フランスの政治思想家。25年間政府の土木技師であったが,1890年代よりプルードンやマルクスの影響を受け,社会改革のための文筆活動に従事,サンディカリスムの理論的指導者となった。
→関連項目暴力論

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

食の医学館の解説

それる【ソレル】

日本でも田のあぜ道などに自生しており、春の野草として知られるソレル。かむと酸っぱいことから、和名を「酸葉(すいば)」「スカンポ」といいます。
 ソレルは多量のビタミンCを含むのが特徴です。ビタミンCのおもな働きは、免疫力の強化や、肌荒れ色素沈着の防止などです。
○外用としての使い方
 水虫やたむしには患部に酢を塗ったあと、新鮮な根の絞り汁をつけると効果があります。
○食品としての使い方
 ソレルは、その酸味とほろにがさを生かして、料理の風味付けに使うのが一般的。とくに、フランス料理ソースサラダ煮込みなどでよく使われます。
 ただし、料理の際に鉄の鍋を使うと不快な金属臭がでるので注意。また、シュウ酸を多く含むので、生食したり、多量に摂取を続けると結石(けっせき)の原因になります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

世界大百科事典 第2版の解説

ソレル【Antonio Soler】

1729‐83
スペインの作曲家,オルガン奏者。1752年にエル・エスコリアルの修道院に入り,終生オルガン奏者,合唱長を務めた。D.スカルラッティの教えを受けたことがあり,約120曲の鍵盤ソナタはその影響をよく示している。132曲のビリャンシーコをはじめとする声楽曲も多いが,それらは近年専門家の間で注目され始めたところである。理論家としてもすぐれた著作を残している。【大 滋生】

ソレル【Charles Sorel】

1600ころ‐74
フランスの作家。パリの町民の家に生まれ,リジュー学院に学ぶ。1635年に叔父から修史官の官職を買いとり,生涯その職にあった。17歳頃から文筆活動をはじめて文学のほか歴史,哲学などの分野にも筆を染め,多くの作品を残してパリに没した。代表作は《フランシヨンこっけい物語》(1623‐33)で,若い貴族フランシヨンの遍歴を軸としながら,同時代の貴族,町民,農民さらには文士,娼婦,浮浪人,また法曹界や学校生活などが生き生きと描かれ,スカロンの《こっけい物語》,フュルティエールの《町民物語》とならんで,17世紀の風刺的写実小説の傑作とされているが,そこにはまた同時代の社会の宗教的・道徳的・政治的基盤にたいする鋭い批判や自由な生命力の礼賛,情念の解放の称揚など自由思想家的色彩も見られる

ソレル【Georges Sorel】

1847‐1922
フランスのサンディカリストの理論的指導者。シェルブール生れ。エコール・ポリテクニクに学び,2年で中退後,25年間にわたって政府の技師として働いた。その後,フランスの労働組合運動(サンディカリスム)に取り組み,その理論的指導を行ったために,1892年以降,文筆活動に専念する。彼は,マルクスやプルードンの影響の下に,資本主義打倒の道をフランス労働運動の実践のなかに求めていったが,その理論的集大成が,1908年に公刊された《暴力論》である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ソレル【Georges Sorel】

1847~1922) フランスの社会思想家・サンジカリスト。議会制民主主義を否定し、ゼネストを主張して資本主義体制の打倒を説いた。著「暴力論」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のソレルの言及

【スイバ】より

…欧米ではとくに好まれ,栽培されて緑色野菜としてサラダやソースの材料に用いられる。英名のソレルsorrelはフランス語surrelle(〈酸っぱい〉を意味するsurから)に由来する。しかし多量に食べると下痢や嘔吐などの中毒をおこす。…

【サンディカリスム】より

…以下はこの用法に従っている。なお,この運動に示唆を受けて独自の理論を展開したG.ソレルらの思想をサンディカリスムと称した例がかつて見られたが,今日ではこの用法は行われていない。
[サンディカリスムの成立]
 1860年代に出現したフランス労働組合運動は80年代後半にいたって本格的発展を迎えるが,二つの歴史的条件がその展開を規定した。…

【暴力】より

…その限りで,暴力は倫理的でさえありうる。こうした暴力の倫理性を強く主張したのが,G.ソレルの《暴力論》であった。ソレルは,ブルジョアジーが国家機構を通じて行使する力をフォルスforceと呼び,プロレタリアートが革命の際,対抗的に行使する力をビオランスviolenceと呼んで,フォルスの非倫理性に対してビオランスの倫理性を対置した。…

※「ソレル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ソレルの関連キーワードタウコギ鷺苔実盛送り雀の鉄砲椴松田路藪椿アゼスゲダイコンドラ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ソレルの関連情報