コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゾエア ゾエア zoea

4件 の用語解説(ゾエアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゾエア
ゾエア
zoea

十脚甲殻類のうち,直接発生サワガニ類(→サワガニ)とザリガニ類(→ザリガニ)を除くグループの幼生。発生過程のノープリウス幼生に次ぐ時期で,クルマエビ類(→クルマエビ)とサクラエビ類(→サクラエビ)以外のエビ類,すべてのヤドカリ類とカニ類ではゾエア幼生として孵化する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ゾエア(zoea)

十脚類の幼生の一型。ノープリウス期を経て変態したもの。カニ類ではこの段階のころ孵化(ふか)する。有柄眼が完成し、付属肢ができてくる。プランクトンとして生活。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ゾエア

カニやエビなど十脚類のノープリウス幼生に次ぐ一時期。頭胸部の甲殻は丸く,前方と背方に1本ずつの長い突起があり,また体の左右両側にも1対の突起がある。このあと変態してメガローパ幼生(カニ類)やミシス幼生(エビ類)となり,さらに変態を重ねて成体となる。
→関連項目ヤドカリ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ゾエア【zoea】

甲殻類に共通の幼生の第三期。大きな頭胸部に、一対の複眼と枝分かれした顎脚をもつ。代表的なプランクトンで、浮遊生活を営む。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゾエアの関連キーワード十脚類ワタリガニ岩蟹蝲蛄沢蟹直接発生琵琶蟹精進蟹マンジュウガニ(饅頭蟹)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone