コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゾエア ゾエアzoea

4件 の用語解説(ゾエアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゾエア
ゾエア
zoea

十脚甲殻類のうち,直接発生サワガニ類(→サワガニ)とザリガニ類(→ザリガニ)を除くグループの幼生。発生過程のノープリウス幼生に次ぐ時期で,クルマエビ類(→クルマエビ)とサクラエビ類(→サクラエビ)以外のエビ類,すべてのヤドカリ類とカニ類ではゾエア幼生として孵化する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ゾエア(zoea)

十脚類の幼生の一型。ノープリウス期を経て変態したもの。カニ類ではこの段階のころ孵化(ふか)する。有柄眼が完成し、付属肢ができてくる。プランクトンとして生活。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ゾエア

カニやエビなど十脚類のノープリウス幼生に次ぐ一時期。頭胸部の甲殻は丸く,前方と背方に1本ずつの長い突起があり,また体の左右両側にも1対の突起がある。このあと変態してメガローパ幼生(カニ類)やミシス幼生(エビ類)となり,さらに変態を重ねて成体となる。
→関連項目ヤドカリ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone