タイイブ・サーレフ(読み)たいいぶさーれふ(英語表記)Tayyib ālih

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タイイブ・サーレフ
たいいぶさーれふ
ayyib li
(1929― )

スーダンの作家。スーダン北部の寒村に生まれる。コーランの暗唱を目的とする田舎(いなか)の学校に通い、やがて首都ハルトゥームのゴードン・カレッジで学んだのち、イギリスへ留学し、エクスターおよびロンドン大学で学ぶ。その後BBC放送局の演劇部門における仕事に携わったのち、カタールの情報省を経てパリのユネスコに籍を置きながら、創作にあたる。1960年ごろから創作を始めたが、概して寡作の作家である。代表作としては、『ワド・ハーミドのドウマの樹(き)』(1962)、『ゼーンの結婚』(1966)、『北へ遷(うつ)りゆく時』(1966)、『バンダル・シャー』(1971)などがある。とくに『北へ遷りゆく時』は、これまでのアラブ現代小説から一頭地を抜いており、アラブの文芸批評家たちに衝撃を与えた。作品は語り手が物語を明かしてゆく手法をとりつつ、しだいに語り手も物語に参入し、複合的にドラマが織りなされてゆく。標題の北とは、南の地スーダンからみたヨーロッパ、イギリスである。ムスタファという名のスーダンの優れた頭脳がヨーロッパ文明の一分野(経済学)を目ざし、短期間に吸収、征服しイギリスの大学で経済学を講ずるべく教壇に立つが、同時に彼はイギリス女性を次々に渉猟し、死に追いやる事件を引き起こす。やがて彼は、妻殺害の咎(とが)で投獄される。刑を終えたムスタファはナイルの上流にある故郷に帰る。彼はそこで家庭をもち静かな生活が始まるが、ナイルの水かさが増したある夏の夜、その流れの中で謎の死を遂げる。この作品には、イギリス植民地主義による暴虐とその禍根に対する、スーダンからの個による復讐(ふくしゅう)劇やイスラムの狭い枠に規定されない汎宗教的風土の示唆など、多様なテーマが盛り込まれ、さまざまな読み方を可能にする奥深い書である。海外の文芸批評も、この書のさまざまなテーマを扱い、作品論も刊行されている。
 スーダンには詩という韻文の蓄積は幾分あったにしろ、小説という散文のジャンルにおける伝統のようなものは皆無に近かった。タイイブ・サーレフはそのような状況下にあって、『北へ遷りゆく時』を世に問うた。それはまったく予期せぬことであっただけに、とりわけ激しい衝撃を受けたエジプトの文芸批評家たちは驚きながらも絶賛した。こうしてサーレフは、現代アラブ文学における注目されるべき作家の一人となったのである。
 サーレフには、『ゼーンの結婚』という佳作がある。『北へ遷りゆく時』によって、北(イギリス)から南(スーダン)への帰還を終えた作家・サーレフはもはや外界に目を向けようとはせず、ナイルの岸辺に生きる土着の社会に注目し、そのなかにナイルの申し子ともいうべきゼーンという名の人間を解き放って『ゼーンの結婚』を書いた。闇(やみ)深く、一見文明から取り残された感はあるが、ナイルから奔放な生命力を与えられたこの地こそ、人間のまがいなき真正な生を叶(かな)えてくれる地であることを、この作品は明かしている。[奴田原睦明]
『黒田寿郎・高井清仁訳『現代アラブ小説全集8 北へ遷りゆく時 タイーブ・サーレフ』(1989・河出書房新社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

20世紀西洋人名事典の解説

タイイブ・サーレフ
Ṭayyib Ṣāliḥ


1929 -
スーダンの作家。
スーダン北部生まれ。
ハルトゥーム大学で学び、さらにエクスター大学で学び、BBC放送局アラビア語部門演劇担当をしながら、「北へ遷りゆく時」(1966年)を発表し、彗星のようにアラブ現代小説界に躍りでる。以降スーダンの奥深い土着世界に沈潜し、次々と作品を発表する。他の作品に「ゼーンの結婚」(’64年)短編集「ワド・ハーミドのドウマの樹」(’70年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android