タウポ湖(読み)タウポこ(英語表記)Lake Taupo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニュージーランド,ノース島中央部にある同国最大の。面積 616km2。周囲 153km。最大水深 164m。湖面標高 357m。ワイカト川が流出し,水力発電が行われる。付近には大小の火山,温泉があり,観光保養地となっている。北東岸にあるタウポの町は,酪農肉牛,林業の中心地。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

Lake Taupo》ニュージーランド北島中部にある同国最大の湖。紀元2世紀の巨大な噴火によって形成されたカルデラ湖であり、周辺には地熱発電所や温泉がある。北西岸からワイカト川が流出。主な町は北東岸のタウポ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

ゆったりと水をたたえるニュージーランド最大の湖。澄み切った空気、雄大にそびえる山々、太古の姿を残す原生林南半球で最大級の松林などに囲まれている。湖上遊覧を楽しみながら湖岸に彫られたマオリ彫刻を見るコースのクルーズが人気を集めている。そのほか、サンセットクルーズやバーベキュークルーズなどもある。マス釣り、水上スキーなどもでき、夏には湖水浴も楽しめる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニュージーランド北島の中央部に位置するカルデラ湖。この国最大の湖で、ワイカト川の水源をなす。面積616平方キロメートル、標高357メートル、最大深度164メートル。北東岸の町タウポ(人口3万1521、2001)は観光の中心地で、北郊のワイラケイWairakeiには世界有数の地熱発電所がある。ニジマス釣りや、トンガリロ山(1968メートル)など南方にそびえる3火山を望む景勝などで知られる。

[浅黄谷剛寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android