コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タウンゼンド タウンゼンド Townsend, Francis Everett

5件 の用語解説(タウンゼンドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タウンゼンド
タウンゼンド
Townsend, Francis Everett

[生]1867.1.13. イリノイ,フェアベリ
[没]1960.9.2.
アメリカの医師。ネブラスカ大学卒業。カリフォルニア州公衆衛生の職員をしていたが,大恐慌の最中の 1934年老齢者の窮乏状態を救うため 60歳以上の無職者に月 200ドルの年金を与える老齢年金計画を提唱し,政府にその実現を要求する運動を展開した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

タウンゼンド
タウンゼンド
Townsend, Sir John Sealy Edward

[生]1868.6.7. アイルランドゴールウェー
[没]1957.2.16. オックスフォード
イギリス物理学者ダブリン大学に学び,キャベンディッシュ研究所で J.J.トムソンのもとで研究。オックスフォード大学実験物理学教授 (1900) 。ロイヤル・ソサエティ会員 (03) 。衝突電離その他気体中での電気現象を研究。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

タウンゼンド
タウンゼンド
Townshend, Aurelian

1601~43年頃活躍したイギリスの詩人。チャールズ1世の宮廷で文名高く,『アルビオンの勝利』 Albion's Triumph (1632) などの仮面劇を書いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

タウンゼンド
タウンゼンド
Townshend, Charles

[生]1725.8.27.
[没]1767.9.4. ロンドン
イギリスの政治家。2代タウンゼンド子爵の孫。 1747年下院議員。 61~62年陸相。 65年支払総監。 66年ピット (大) 内閣の蔵相となり,同内閣の実質的な指導者となる。土地税収入の減少を補うため,67年タウンゼンド諸法を下院で成立させ,これがアメリカ独立の一つの有力原因となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タウンゼンド
たうんぜんど
John Rowe Townsend
(1922― )

イギリスの児童文学評論家・作家。イングランド北部のリーズに生まれ、ケンブリッジ大学エマニュエル・カレッジに学び、新聞記者生活を経て児童文学に転じた。評論活動の最初の成果『子どもの本の歴史』を1965年に出版し、以後児童文学の進歩とともに増補改訂を行い1990年の5版が最終版となった。子供の文学を文学全体の歴史のなかでみる視点は、時代観、作品評価など、多くの面で新しい示唆を与え20世紀後半の児童文学の発展に大きな寄与をした。英語圏の現代児童文学作家を論じた『英米児童文学作家論』2巻(1971、1979)は、20世紀後半の代表的作家を特定し、作家作品論の一つの型を提示した。
 評論・研究同様に、創作面も多彩で、最初の小説『ぼくらのジャングル街』(1961)と続編『さよならジャングル街』(1965)、『アーノルドのはげしい夏』(1969)は、子供たちと彼らを取り巻く状況を冷静に描いて、児童文学の概念を打破し、この分野のリアリズムを深化させる力となった。
 彼は物語の意味と効用を強く意識し、現在の行き着く姿を探る近未来小説『ノアの城』(1975)や、未来からきた娘と現代の青年の恋愛を軸に、現在を考え、進歩や変化の意味を探る一種のSF物語『未知の来訪者』(1977)などを発表している。その一方で、そそっかしいが才能のあるカメラマンの卵と、豊かな知識階級の娘との牧歌的な恋愛を扱った『愛ときどき曇り』(1984)などをも著して、児童文学の多様性を改めて認識させた。[神宮輝夫]
『亀山竜樹訳『さよならジャングル街』(1970・学習研究社) ▽亀山竜樹訳『北風の町の娘』(1971・学習研究社) ▽亀山竜樹訳『ぼくらのジャングル街』(1976・学習研究社) ▽山口昌子訳『翼がほしい!――発明の父レオナルド・ダ・ヴィンチ』(1978・篠崎書林) ▽神宮輝夫訳『ぼくのあそびば』(1979・岩波書店) ▽神宮輝夫訳『海賊の島』(1979・岩波書店) ▽神宮輝夫訳『アーノルドのはげしい夏』(1984・岩波書店) ▽斉藤健一訳『ハルシオン島のひみつ』(1987・ベネッセコーポレーション) ▽神宮輝夫訳『愛ときどき曇り』(1988・晶文社) ▽神宮輝夫訳『ひとりぼっち』(1988・晶文社) ▽神宮輝夫訳『未知の来訪者』(1991・岩波書店) ▽高杉一郎訳『子どもの本の歴史――英語圏の児童文学』上下(1992・岩波書店) ▽エドワード・ブリッシェン編、神宮輝夫訳『とげのあるパラダイス――現代英米児童文学作家の発言』(1982・偕成社) ▽神宮輝夫著『現代イギリスの児童文学』(1986・理論社) ▽本多英明ほか著『楽しく読める英米児童文学』(2000・ミネルヴァ書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タウンゼンドの関連キーワード階乗偶数数値積分スターリングの補間公式リーマン幾何学エヌ没・歿勃・歿・没Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タウンゼンドの関連情報