タカノツメ(鷹の爪)(読み)タカノツメ(英語表記)Evodiopanax innovans

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タカノツメ(鷹の爪)
タカノツメ
Evodiopanax innovans

ウコギ科の落葉小高木で,イモノキとも呼ばれる。山地に生え,幹は直立して,高さ3~5mになり樹皮平滑灰褐色をしている。葉は3小葉から成る複葉で,短枝の先に集ってつく。夏,短枝の先に花軸を伸ばし,上部は分枝し,枝先に球状の散形花序をつける。タカノツメとはこの木の冬芽の形に基づき,またイモノキは材が柔らかいためである。また,タカノツメという呼称ナデシコ科のツメクサ,ベンケイソウ科のオノマンネングサトウガラシの一種にも使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android