タガヤサン(読み)たがやさん

日本大百科全書(ニッポニカ)「タガヤサン」の解説

タガヤサン
たがやさん / 鉄刀木
[学] Senna siamea (Lam.) H.S.Irwin et Barnerby
Cassia siamea Lam.

マメ科(APG分類:マメ科)の落葉高木。高さ15メートル、胸高径40~50センチメートルに達する。樹皮はほとんど平滑で灰色。葉は互生し、偶数羽状複葉で長さ15~30センチメートル。小葉は10対ほどあり、長楕円(ちょうだえん)形で長さ5~7センチメートル。7~10月、枝先に大形の円錐(えんすい)花序をつくり、径約2センチメートルで芳香のある黄色の5弁花を開く。雄しべは7本で2本は長く、上方に退化した雄しべが3本ある。果実は扁平(へんぺい)でまっすぐな莢(さや)になり、長さ20~30センチメートル、幅約2センチメートル、ビロード状の毛がある。中に扁平な円形の種子が15~30個ある。インドから東南アジアに広く分布する。

 辺材は白色で、空気に触れると黄変する。心材は黒色で、淡色の縞(しま)模様があり、板目には雲紋形、矢筈(やはず)形などの美しい紋様が現れる。また唐木のなかではもっとも重くて堅いといわれ、高級家具、細工物、マンドリンほかの楽器、床柱などに用いる。街路樹や庭木として植栽もされる。

[小林義雄 2019年10月18日]

文化史

江戸時代に材が渡来し、三味線の胴に使用されたことが、『評判記』に記録されている。貝原益軒(かいばらえきけん)は、「諸木の内、最も良材なり……鉄刀木と言う」(『大和本草(やまとほんぞう)』)と評した。心材は非常に堅く、鉄刀木や鉄樹(『物品識名(ぶっぴんしきめい)』)はそれにちなむ。タガヤサンの名を『大言海』は、フィリピンでの呼び名タンブリアンtambulianに基づくかという。同じく材が堅く、羽葉(うよう)をもつマメ科のシタンヤワラバDalbergia balansae Prainをフィリピン北部のイバナグ人はタッガtaggaとよび、また同じくマメ科のタマリンドTamarindus indica L.をインドネシアのスンダ諸島ではタ(ン)ガ(ル)・アサムtangal asemとよび、タガヤサンとの関連が考えられる。

[湯浅浩史 2019年10月18日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「タガヤサン」の解説

タガヤサン

インド〜マレーシア,インドネシアに野生するマメ科高木。高さ15〜18mに達し,葉は羽状複葉。花は黄色,5弁で芳香がある。果実は扁平で,円形種子を生ずる。辺材は軟質であまり役にたたないが,心材は重くて堅く,唐木の一つとして重用される。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「タガヤサン」の解説

タガヤサン【Cassia siamea Lam.】

樹高15~18m,直径30~40cmになる比較的生長の早いマメ科の常緑中高木で,おそらくインドからインドシナ原産と思われるが,古くから人家周辺に植えられ,また街路樹としても利用されてきたため,今では東南アジアに広く野生化している。木材が唐木(からき)の一つとして日本で床柱などの装飾用,細工物楽器はし,つえなどに賞用されてきた。漢名鉄刀木。葉は互生し,長さ15~40cmの偶数羽状複葉で,4~16対の楕円形の小葉をもつ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のタガヤサンの言及

【エビスグサ】より

… エビスグサが所属するカワラケツメイ属Cassiaは,熱帯を中心に約450種ほどを有するマメ科の大きな属で,薬用として有名なセンナをはじめ,ホソバセンナC.angustifolia Vahl.,ナンバンサイカチC.fistula L.,それにC.nodosa L.などの薬用植物を含むし,美しい花をつける種も多く,熱帯の公園や花壇にいくつかの種が栽植されている。高級木材として家具や細工,建築に利用されるタガヤサンも東南アジア大陸部に分布する本属の植物である。日本には一年草のカワラケツメイが分布する。…

※「タガヤサン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android