コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タガラシ タガラシ Ranunculus sceleratus; celery-leaved buttercup

4件 の用語解説(タガラシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タガラシ
タガラシ
Ranunculus sceleratus; celery-leaved buttercup

キンポウゲ科の二年草。田や溝の中に生える。草丈は 40~60cmで長い柄のある根生葉と柄の短い茎葉がある。根生葉は掌状に深く3~5裂し,茎葉は3裂,上部につくものほど裂片の幅は狭い。ウマノアシガタキツネノボタンによく似ているが,全体に毛はなく,明るい緑色をしている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

タガラシ

日本全土,ユーラシアの水田や湿地に多いキンポウゲ科の一〜二年草。葉は腎円形で3深裂し,上面には光沢がある。春,枝先に黄色で径6〜8mmの5弁花を開く。花弁は萼片とほぼ同長。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

タガラシ【Ranunculus sceleratus L.】

水田や溝の浅い水の中,または水際にごく普通に生えるキンポウゲ科の二年草(イラスト)。白いひげ根をもつ。茎は直立,高さ20~60cm,上部で分枝,無毛,ときに白い毛をまばらに生じ,太い部分は中空になる。根生葉と下部茎葉は葉柄を有し,腎円形,基部は心形,3~5中・深裂し,裂片はさらに浅裂し,鈍い浅裂状の鋸歯がある。上部の茎葉は普通3深裂し,葉柄は短いかあるいはない。4~5月ころ,分枝した先に直径6~10mmの花を多数つける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タガラシ
たがらし / 田辛
celery-leaved ache
[学]Ranunculus sceleratus L.

キンポウゲ科の越年草。茎は柔らかく光沢があり、高さ10~50センチメートル。葉は単葉で3深裂する。4~5月、まばらな総状花序をつくり、径約1センチメートルの黄色花を多数開く。花弁は萼片(がくへん)と同じ大きさで、あまり目だたない。痩果(そうか)は膨らむ。同じくキンポウゲ科のキツネノボタンやケキツネノボタンに似るが、本種は集合果が円筒状であることから容易に区別できる。水湿地に普通にみられる雑草で、日本全土および北半球に広く分布する。全体に辛味があるのでこの名がある。辛味の成分は有毒のプロトアネモニンである。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タガラシの関連キーワード遠浅軽荷グリーンボーイ水流地瀬越し膚浅名水の郷きょうごくギリアビー岡持ちマルカイミジンコ(丸介微塵子)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone