コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タソス島 タソストウ

デジタル大辞泉の解説

タソス‐とう〔‐タウ〕【タソス島】

ThasosΘάσος》ギリシャ、エーゲ海北部の島。中心地はタソス(旧称リメナス)。最初にフェニキア人が定住し、紀元前7世紀にパロス島植民都市となった。古くから金と大理石の産地として知られ、紀元前6世紀から5世紀にかけて栄えた。古代ローマ、東ローマ帝国に続いてオスマン帝国の支配下に置かれた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タソス島
タソスとう

サソス島」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タソス島
たそすとう
Thsos

ギリシアのマケドニア地方東部、エーゲ海北端、カバラ湾入口にある島。面積379平方キロメートル、人口約1万3000。山がちで森林に覆われる。最高点はプサリオ山の標高1203メートル。オリーブ油、ワインを産する。中心地は北岸のタソス(旧称リミンLimin)。タソス港の近くにアゴラ、アクロポリスなどギリシア時代の遺跡が残る。[真下とも子]

歴史

最初の住民として知られるのは、金鉱山の存在に目をつけたフェニキア人であったといわれる。その後、紀元前7世紀にパロス(キクラデス諸島パロス島の中心市)の植民市となり、金の採掘、良質のワインと大理石の産出によって栄え、ギリシア本土、エジプト、フェニキアとの交易によって前6~前5世紀までには繁栄の極に達していた。ペルシア戦争時にはペルシアに屈したが、その後はアテナイ(アテネ)のデロス同盟の一員となる。しかし金鉱山の領有をめぐってアテナイと争って敗れ(前465)、貢租を納める従属的地位に落とされた。ペロポネソス戦争後、一時スパルタの支配下にあったが、再度アテナイに従属することになった。マケドニア戦争時にはフィリッポス5世(在位前221~前179)の側についたが、キノスケファライの戦い(前197)後、ローマから自由市を宣せられ、以前の繁栄を取り戻した。15世紀にジェノバ人、続いてオスマン帝国に占拠されたが、1913年、トラキアとともにギリシアに復帰した。[古川堅治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

タソス島の関連キーワードスポラデス諸島ポリュグノトスタソスホワイトアルキロコスペリクレスフェニキア

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タソス島の関連情報