コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タチウオ Trichiurus japonicus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タチウオ
Trichiurus japonicus

スズキ目タチウオ科の海水魚。全長 1.5m。全身銀白色。体は著しく側扁,延長し,後半はしだいに細くなり尾端糸状になる。口は大きく,下顎が突き出ており,鋭い歯をもつ。背鰭は基底が長く,尾端近くに達する。鱗はない。食用として美味。表皮中のグアニン人造真珠などに使われる。日本各地,東シナ海黄海ポー(渤)海に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

タチウオ

タチウオ科の魚。地方名タチノウオ,サーベラ,タチ,ハクヨなど。全長1.5mに達する。体は著しく側扁し,銀白色。北海道以南の暖海に分布し,とくに瀬戸内海に多い。惣菜(そうざい)用。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

タチウオ

 [Trichiurus lepturus].タチウオ科の海産魚.大きいものは1.2mにもなる.食用にする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

食の医学館の解説

タチウオ

《栄養と働き&調理のポイント》


 タチウオは「太刀魚」と書き、名の由来は「太刀の姿をしている」「立ち泳ぎをする」など諸説があります。
 体長は大きなもので1.5mほどあり、切り身で売られています。
○栄養成分としての働き
 タチウオはリンなどのミネラルを含んでいます。リンは、歯や骨を形成する主材料になります。また筋肉、脳、神経、肝臓などの組織に働きかけ、細胞の成長と分化、エネルギーの運搬、神経や筋肉の機能を正常に保たせます。
 マグネシウムは、酵素やホルモンの働きを活発化させるので、神経障害や虚血性心疾患の予防につながるミネラルです。
 ナイアシンは血行をよくし、神経組織の働きを助けるので、冷え症や頭痛を改善、また二日酔いを防ぎ、肌荒れを緩和させます。
 さらに、脂溶性ビタミンのレチノールや、ビタミンD、Eを含んでいます。
 タチウオの旬(しゅん)は春から初夏にかけて。体色の銀色は有機塩基のグアニン色素が沈着したもので、鮮度が落ちるとはがれます。調理はグアニン色素をそぎ落としてから刺身に。塩焼き、照り焼き、南蛮(なんばん)焼き、から揚げが最適。
○注意すべきこと
 アレルギー体質の人が多食すると湿疹(しっしん)やじんま疹(しん)がでることがあるので、要注意です。

出典 小学館食の医学館について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タチウオ
たちうお / 太刀魚
cutlassfish
[学]Trichiurus lepturus auriga

硬骨魚綱スズキ目タチウオ科に属する海水魚。体は細長くて著しく側扁(そくへん)した帯状で、尾端は細く伸びて糸状となる。背びれは後頭部から尾端までの全背縁に発達しているが、臀(しり)びれは痕跡(こんせき)的、腹びれと尾びれはない。口は大きく、上下両顎(りょうがく)と口蓋(こうがい)部に鋭い歯を備える。体表には鱗(うろこ)を欠き、ひれを除く全表面がグアニンで覆われるために、美しい銀白色を呈する。本種の属するタチウオ科は系統的にはサバ科に近縁と考えられ、サワラ型の祖先から体の伸長化に向かって形態が単純化した結果生じた仲間と推定されている。この種族進化の歴史は本種の個体発生に伴う形態の変化のなかにもはっきりとみいだすことができる。全長1.5メートル。全世界の暖海に生息し、日本では三陸および新潟県以南に主として分布する。瀬戸内海東部域、東シナ海はとくに有名な産地である。本種は稚魚期には浮遊生活を行い、全長15センチメートルぐらいで沿岸の浅海底に着底する。成魚はやや沖合いの100メートル内外の深い中層に生息し、朝夕の薄明時には海面近くにまで浮上するという日周性の鉛直移動を行う。近年、水槽内での観察から、通常の遊泳時には、頭を上にした鉛直位で、長大に発達した背びれを波打つことによって姿勢を保つことが確認された。天然において移動するときには斜位または水平位の遊泳姿勢もとることが予想されるが、もっぱら待機の姿勢で上方に近づいた魚などを強大な口で襲って食うようである。魚類、イカ類、エビ類、カニ類など大形の動物を食べ、ときには共食いもする。漁法は底引網、刺網、釣りなどがある。近年、瀬戸内海では著しい漁獲の増大がみられ、環境の変化、ことに富栄養化に伴う生態系の変化に関連した現象として注目されている。肉は白身で柔らかいが小骨が多い。産卵期の夏季が旬(しゅん)で、塩焼き、照焼き、みそ漬けなど総菜魚として好まれる。かつて体表の銀粉は模造真珠の材料とされた。[沖山宗雄]

釣り

岸壁の夜釣りと船釣りがある。岸壁釣りでは先調子竿(ざお)に道糸5~6号、伊勢尼(いせあま)型の鉤(はり)12号前後。船釣りは片天ビン式やタチウオ専用の掛け鉤、魚型胴付き用オモリの下に引き縄用13~15号鉤をつけたものなどでねらう。掛け鉤では、餌(えさ)はイカナゴ、イワシを斜めに二つ切りにして用いる。そのほか、イカやサバの身餌(みえさ)も用いる。ハリスはかならずワイヤにする。[松田年雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

タチウオの関連キーワードシェンチヤメン(沈家門)鎮チャンシャン(長山)群島チョウシャン(舟山)群島ナントン(南通)特別市サントーアオ(三都澳)タイシャン(台山)列島リンイー(臨沂)地区タイワン(台湾)海峡サンメン(三門)湾シンホワ(興化)湾プーティエン特別市タチウオ(太刀魚)クロタチカマス科くにさき銀たち和歌山県有田市クロタチカマス以西底引網漁業大分県国東市大和海嶺黒山諸島

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タチウオの関連情報