コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タックス・ヘイブン tax haven

翻訳|tax haven

1件 の用語解説(タックス・ヘイブンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

タックス・ヘイブン【tax haven】

税金避難地,租税逃避地ともいう。海外から進出してくる企業に対して税制上の優遇措置を与える国が世界各地に多く存在するが,そのような国を利用することにより,企業は税金の負担額を減らすことが可能となる。租税の優遇措置には,全面的な免税から,いろいろな段階の低税率の適用まで各種ある。その代表的な国,地域としてはバハマパナマバミューダ諸島ケイマン諸島,ホンコンなどがある。 最近において多国籍企業の活躍がますます盛んになりつつあるが,多国籍企業とは,多数の国に子会社を設立して事業を行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タックス・ヘイブンの関連キーワード租税タックス・ヘイブン逃避課税租税回避地徴税逃避行タックスへイブン(Tax Haven)タックスヘイブン(租税回避地)タックスヘイブン Tax Haven

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タックス・ヘイブンの関連情報