コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タヌキ(狸)(読み)タヌキ

百科事典マイペディアの解説

タヌキ(狸)【タヌキ】

食肉目イヌ科の哺乳(ほにゅう)類。体長50〜60cm,尾13〜20cm。地色は黄褐色で,頸(くび),胸,四肢などは黒褐色。東アジア特産。日本では沖縄を除く本州以南に亜種ホンドタヌキ,北海道に亜種エゾタヌキが分布。昼間は木の根元のくぼみ,岩の割れ目,他の動物,特にアナグマなどが掘った穴で休息する。夜行性。雑食性で,ネズミ,カエル,カニ,ドングリ,芋などのほか,木に登ってビワ,カキなども食べる。いわゆるたぬき寝はショックによる仮死状態といわれる。ふつう1腹4〜5子。毛皮は防寒用,毛は毛筆用にされる。
→関連項目ムジナ(狢/貉)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タヌキ【タヌキ(狸) raccoon dog】

一見アナグマあるいはアライグマに似るが,イヌ科に属する原始的な食肉類(イラスト)。アジア東部の特産で,北はシベリアアムール川から南はベトナム北部まで分布。日本では北海道から九州までと佐渡島に生息する。また,ソ連からヨーロッパ東部に移入されたものが,ヨーロッパで分布を広げつつある。体長50~68cm,尾長13~25cm。体重4~10kg。毛が深いため体はずんぐりしており,四肢は比較的短く,尾も短いが長毛房状に生える。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のタヌキ(狸)の言及

【キツネ(狐)】より

狐憑き【千葉 徳爾】
[中国]
 中国では〈狐狸〉と書けばキツネのこと。〈狸〉は野猫またはジャコウネコの類で,日本でいうタヌキと同じではない。キツネはその毛皮が〈狐裘〉として貴重視されたこともあって,野獣の中でも人間との接触も多く,俗信,伝説,文芸の方面にもしきりに登場した。…

※「タヌキ(狸)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android