コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狢/貉 ムジナ

デジタル大辞泉の解説

むじな【×狢/×貉】

アナグマの別名。 冬》「山がつや―しとめし一つだま/蛇笏
《毛色がアナグマに似ているところから混同して》タヌキのこと。 冬》
《「同じ穴の狢」の略》同類の悪党。
「―めらなぞと女房は寄せ付けず」〈柳多留・二七〉

もじな【×狢/×貉】

むじな」の音変化。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うじな【狢】

ムジナの古名。 「陸奥国に-有りて/日本書紀 推古訓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


むじな

動物学上の呼称ではなく、哺乳(ほにゅう)類のタヌキまたはアナグマの俗称。貉とも書く。妖怪(ようかい)視されることが多く、化けて人をだましたり、山道を歩いていると砂をまき掛けたりするほか、高僧になりすまして犬に噛(か)み殺された話、汽車に化けて本当の汽車にひき殺された話などもある。人を化かす点はタヌキと同様で、しかしどこか憎めないところがある。関東から東北にかけて、10月10日の十日夜(とおかんや)の藁(わら)鉄砲を「狢ばったき」といい、狢追いをする。福井県の一部では、小(こ)正月に青年たちが狢狩りという予祝行事をしたという。[井之口章次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

狢 (ムジナ)

動物。イタチ科の哺乳動物。アナグマの別称

狢 (ムジナ)

動物。イヌ科の動物。タヌキの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

狢/貉の関連キーワードタヌキ(狸)井戸尻遺跡群八坂瓊勾玉同じ穴の狢十日町盆地一つ穴の狢一つ穴の狐ムジナモ日本書紀一つ穴ムジナ鬼火一つ同じ賭博妖怪

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android