コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タネツケバナ

百科事典マイペディアの解説

タネツケバナ

アブラナ科の一〜二年草。日本全土,北半球温帯に広く分布し,水田川岸に多い。高さ10〜30cm,葉は羽状に全裂する。春,枝先に総状花序を出し,花弁は4枚,白色で長さ3〜4mm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タネツケバナ【Cardamine flexuosa With.】

水田跡や湿った土地に,冬から春にかけて普通に見られるアブラナ科の越年草(イラスト)。茎は高さ10~30cm,基部から多く枝を出して立ち上がり,基部近くは普通紫色を帯びて,多少毛がある。葉は羽状に分裂。花は春3~5月ころに開き,花弁は長さ3~4mm,白色で4枚。花が終わると花序は伸長し,長さ2cm内外の棒状の果実が多数つく。北半球に広く分布する。 タネツケバナ属Cardamine(英名bitter cress)は,旧世界の温帯以北に100種以上が知られ,若葉が食用になるものも多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タネツケバナ
たねつけばな / 種付花
[学]Cardamine flexuosa With.

アブラナ科の二年草。茎は高さ約30センチメートル、上方で分枝し、下方は普通は暗紫色を帯びて短毛がある。葉は互生し、羽状に深裂し、下方の葉は7~10枚の小葉に分かれ、頂小葉はやや大形。側小葉は狭長楕円(だえん)形から倒卵形。3~5月、茎頂に総状花序をつくり、白色の小花を10~20個開く。包葉はない。長角果は無毛で長さ約2センチメートル、熟すとはじけて2裂する。田畑や道端に普通にみられる雑草で、日本全土、および北半球の温帯に広く分布する。名は、苗代に種籾(たねもみ)を播(ま)くころ花を開くことに由来する。
 近縁のオオバタネツケバナC. scutata Thunb.はタネツケバナの大形のものに似るが、多年草で毛はほとんどなく、頂小葉は側小葉より著しく大きい。北海道から九州の山地の谷間の湿地に生え、朝鮮半島、中国東北部、シベリア、カムチャツカに分布する。[小林純子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

タネツケバナの関連キーワードシロサビキン(白銹菌)ミヤマタネツケバナツマキチョウ越年生植物山種漬花帰化植物性の分化褄黄蝶田芥子犬芥子川高菜田芥鈴奈

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タネツケバナの関連情報