コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タヒバリ タヒバリ Anthus rubescens; buff-bellied pipit

3件 の用語解説(タヒバリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タヒバリ
タヒバリ
Anthus rubescens; buff-bellied pipit

スズメ目セキレイ科。全長 16cm。冬羽(→羽衣)は背面がオリーブ褐色で,不明瞭な黒い縦斑がある。下面は淡い黄白色で,喉の下,胸,脇に黒い縦斑がある。夏羽は背が灰色で,下面が薄く赤みを帯びる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

タヒバリ

セキレイ科の鳥。翼長8.5cm。背面は褐色で暗褐色の斑紋があり,腹面は淡色。ユーラシア大陸中・北部,北米北部で繁殖するが局地的。冬には南へ渡る。日本には冬鳥として渡来し,全国の川辺,海岸,湿った耕地等に見られる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タヒバリ
たひばり / 田
water pipit
[学]Anthus spinoletta

鳥綱スズメ目セキレイ科の鳥。同科タヒバリ属34種中の1種。タヒバリ属はほとんど全世界に分布し、牧場、草原、川原、耕地などに生息する。一般に緑褐色系のじみな保護色をしており、尾はセキレイ属ほど長くはないが、上下に振る習性は同様である。日本で秋冬季に普通にみられるのはタヒバリ、ムネアカタヒバリ、ビンズイの3種である。タヒバリは全長約16センチメートル北半球の中・高緯度地方の寒冷地で繁殖し、冬季はエジプトアラビア半島中央アメリカなどにも南下する。日本の近くでは北千島で繁殖している。日本には本州以南に冬鳥として10月ごろ渡来し、3、4月ごろ渡去するが、琉球(りゅうきゅう)諸島に至るまで数は多い。昆虫類、草本の種子などを食べる。[坂根 干]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タヒバリの関連キーワードキセキレイ黄鶺鴒鶺鴒背黒鶺鴒田雲雀白鶺鴒紅鶸セキレイ(鶺鴒)ハクセキレイ(白鶺鴒)セキレイ科

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone