コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タラ(鱈) タラ

2件 の用語解説(タラ(鱈)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

タラ(鱈)【タラ】

タラ科の魚の総称だが,マダラのみを指すことが多い。マダラは,地方名ホンダラ,アカハダなどといい,全長1m以上に達するものもある。体色は淡灰褐色で,背面と体側に不定形の斑紋がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タラ【タラ(鱈) codfish】

タラ目タラ科Gadidaeの海産魚の総称。また,単にマダラを指す場合もある。日本近海にはマダラ,コマイイラスト),スケトウダラ(イラスト)の3種があり,いずれも北方の寒流系の魚。背びれは3基,しりびれは2基,腹びれは胸の位置で,胸びれより前方にある。各ひれの鰭条(きじよう)はすべて軟条で,棘条(きよくじよう)がない。うろこは円鱗(えんりん)。うきぶくろの前端両側に角状突起がある。気管はない。 マダラGadus macrocephalus(イラスト)は日本海側では山陰以北,朝鮮半島沿海州にわたり,また太平洋側では茨城県以北,東北,北海道からオホーツク海ベーリング海を経てアメリカオレゴン州近海にまで広く分布している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone