コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タラ(鱈) タラ

百科事典マイペディアの解説

タラ(鱈)【タラ】

タラ科の魚の総称だが,マダラのみを指すことが多い。マダラは,地方名ホンダラ,アカハダなどといい,全長1m以上に達するものもある。体色は淡灰褐色で,背面と体側不定形斑紋がある。日本海〜北太平洋に分布。北方にいくほど浅いところにすむ。きわめて貪食(どんしょく)で,昼間は海底にひそみ,夜間活動して甲殻類,底生魚類を食べる。産額が多く水産上重要。肉量が多く惣菜用に喜ばれ,生や塩ダラの切身が広く出回っている。腹身と背身に分けて素干しにし細い棒状になった棒ダラや,塩をして干した干ダラなどもあり,棒ダラは京料理の芋棒(いもぼう)に欠かせない。その他,日本近海で獲れるタラのなかまには,スケトウダラコマイの2種がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タラ【タラ(鱈) codfish】

タラ目タラ科Gadidaeの海産魚の総称。また,単にマダラを指す場合もある。日本近海にはマダラ,コマイ(イラスト),スケトウダラ(イラスト)の3種があり,いずれも北方の寒流系の魚。背びれは3基,しりびれは2基,腹びれは胸の位置で,胸びれより前方にある。各ひれの鰭条(きじよう)はすべて軟条で,棘条(きよくじよう)がない。うろこは円鱗(えんりん)。うきぶくろの前端両側に角状突起がある。気管はない。 マダラGadus macrocephalus(イラスト)は日本海側では山陰以北,朝鮮半島,沿海州にわたり,また太平洋側では茨城県以北,東北,北海道からオホーツク海,ベーリング海を経てアメリカのオレゴン州近海にまで広く分布している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android