コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タロス Talos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タロス
Talos

ギリシア神話で,クレタ島にいたとされる全身青銅でできた怪人。ヘファイストスによって造られ,ミノスに与えられて,この王のために日に3度クレタ島の周囲をめぐって,外敵が近づくと石を投げて追払っていたが,アルゴ船が冒険の帰途この島に立寄ったおりに,メデイアの魔法によって唯一の弱点であったかかとに負傷し,そこから体内の血が流れ出して死んだとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タロス【Talōs】

ギリシア伝説でクレタ島の番をしていた青銅の怪物。鍛冶神ヘファイストスまたは名匠ダイダロスが造って,クレタ王ミノスに与えたとされる。日に3度島を巡って見張りをし,侵入者を石を投じたり,その灼熱した体に抱えて殺した。アルゴ船の一行(アルゴナウタイ伝説)が立ち寄った際,メデイアの魔法あるいは奸計で,ただ一本の血管の栓をしている踵の釘を抜かれて死んだ。なおダイダロスの甥で,その発明の才を憎まれて彼に殺され,鷓鴣(しやこ)に変じた人物もタロス(またはペルディクスPerdix)という。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タロス
たろす
Talos

(1)ギリシア神話の青銅の怪物。ヘファイストスがつくった青銅の人間で、クレタ王ミノスに与えられたものとも、あるいは「青銅時代」の最後の生き残りの人間ともいわれる。ミノスの命令で、クレタ島を日に三度巡って見張りをしていたが、異国の者が上陸すると自分の青銅の身体を火で赤熱させ、その者を抱き殺した。また彼には、首から踵(かかと)まで通じるただ1本の血管しかなく、その先端は青銅の釘(くぎ)で留めてあった。アルゴナウタイが帰国の途中にこの島に寄港したとき、タロスはメデイアの魔法で踵の釘を抜かれ、殺されたという。(2)ギリシア神話の名工ダイダロスの甥(おい)。母はダイダロスの姉妹ペルディクス(「鷓鴣(しゃこ)」の意)で、彼は12歳のときに巨匠ダイダロスのもとへ弟子入りした。ただし、ペルディクスという名は彼自身であるとする後世の説もある。利発で才知のあるタロスは、蛇の顎(あご)骨または魚の歯からヒントを得て鋸(のこぎり)を発明し、さらに轆轤(ろくろ)も考案したという。やがてタロスが自分を凌駕(りょうが)することを恐れたダイダロスは、彼をアクロポリスの崖(がけ)から突き落として殺した。落下する彼を女神アテネが哀れんで鷓鴣に変えたとも、あるいは息子の最期を悲しんで自殺した母親が鷓鴣に変えられたともいわれる。[伊藤照夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のタロスの言及

【ロボット】より

…ただし,この作品に登場するロボットは,機械人間ではなく,有機質の合成人間である。
[歴史]
 最古のロボットといえるのは,ギリシア神話の名匠ダイダロス,あるいは鍛冶神ヘファイストスの手になると伝えられる青銅の怪物タロスであろう。くだって中世にはユダヤ伝説の巨人ゴーレムが登場する。…

※「タロス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

タロスの関連キーワードアリアラテス5世エウセベス・フィロパトル仮面ライダー電王/アックスフォーム仮面ライダー電王/ロッドフォーム仮面ライダー電王/ソードフォーム仮面ライダー電王/ガンフォーム仮面ライダーネガ電王アギアトリアダ大聖堂アッタロス[3世]エウメネス[2世]アッタロス(2世)タンタロスの飢えミトラダテス4世アトレウス家伝説エウメネス2世セレウコス3世アッタロス2世フィレタイロスティタノマキアペルガモン王国アッタロス3世

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android