コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダビ Dabit, Eugène

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダビ
Dabit, Eugène

[生]1898.9.21. パリ
[没]1936.8.21. セバストポリ
フランスの小説家。貧しい労働者の家に生れ,夜学で絵画,デザインを学ぶ。 1929年,パリのサンマルタン運河にのぞむ安ホテルでの生活を描いた『北ホテル』 Hôtel du Nordでポピュリスト賞を受賞。『オアシス荘』 Villa Oasis (1932) ,『日常生活』 Trains de vie (36) など,貧しい者への愛情に満ちた小説を著わす。ジッドとソ連を旅行中,客死。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ダビ

フランスの作家。各種の職を転々としたのち,1929年に《北ホテル》を発表,ポピュリスムの作家としての地位を確立。また第1次大戦従軍の体験を《プチ・ルイ》で描いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ダビ【Eugène Dabit】

1898‐1936
フランスの小説家。パリに馭者の子として生まれ,下町で育つ。第1次大戦に従軍後画家となったが,27,28歳ころより小説を書きだし,パリの下町の庶民生活を点描した《北ホテル》(1930)で第1回ポピュリスト賞を受賞。これを機にジッド,マルタン・デュ・ガールに激励されて,《オアシス荘またはえせブルジョア》(1932),《島》(1934),《緑の地帯》(1935)など,庶民の哀歓を素直な筆でとらえる情感にみちた独特の作品を発表した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ダビ【Eugène Dabit】

1898~1936) フランスの小説家。簡素な文体で庶民をその生活感情に即して描く。代表作「北ホテル」「プチ=ルイ」「オアシス荘」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダビ
だび
Eugne Dabit
(1898―1936)

フランスの小説家。パリの下町で運送馬車の御者を父とし、家番を母として生まれる。14歳で初等教育を終え、金物商に徒弟奉公に入ったり、電気技師になったり転々とし、1916年第一次世界大戦に志願兵として出征、20年に復員。その後、画家を志したが成功せず、文筆で身をたてようとし、戦時中の体験をつづった自伝的作品『プチ・ルイ』(1926)を発表、ついで、両親が経営していた安ホテルに出入りする雑多な職業の浮き草のような庶民の姿を描いた小説『北ホテル』Htel du Nordを29年に発表し、第1回ポピュリスト賞を受賞、一躍文名をあげた。ジッドやジャン・ゲエノJean Guhenno(1890―1978)やロジェ・マルタン・デュ・ガールに勇気づけられ、多くの小説や短編『オアジス荘』『島』(ともに1932)、『パリの場末町』(1933)、『死んだばかりの男』(1934)、『緑の地帯』(1935)などを発表した。いずれも自然主義的絶望感の漂う、貧しい人々を主人公とした作品であるが、どれもあまり評判にならなかった。36年ゴーリキーの葬儀に出席するためジッドらと旧ソ連を訪問中、しょうこう熱でセバストポリで客死した。なお『北ホテル』は38年マルセル・カルネが映画化し、多くの観客を集めた。[稲田三吉]
『岩田豊雄訳『北ホテル』(新潮文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ダビの関連キーワードアーネスト・ウィリアム グッドパスチュアサウル(古代イスラエルの初代の王)ハリファ・ビン・ザイド・ナハヤンアナスタシア エルマコワマルタン・デュ・ガールサフィー・ウッディーンアラブ首長国連邦の要覧モルドバ(歴史的地域)ウムアダルク油田アブダビ国営石油アブダビ国際空港ウムシャイフ油田アラブ首長国連邦アルフスン宮殿政府系ファンドダビデの井戸アブ・ダビーダビング10アヒトフェルダビデの都市

ダビの関連情報