コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダルマ dharma

翻訳|dharma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダルマ
dharma

サンスクリット語では,多様な意味をもつ語であるが,漢語にはほとんど「」と訳されているように,一般的には「倫理的規範」「きまり」を意味する。法律もダルマであり,宗教的義務もダルマである。また善の価値観を入れて「美徳」「義務」「正義」の意味にもなり,古来インドにおける人生の四大事 (法,実利,愛欲,解脱) の一つでもある。語形的には語根 dhṛ (保つ) の派生語とされ,「保つもの」というのが語源的意味と考えられる。ジャイナ教教祖マハービーラは,ベーダ聖典の権威を否定し,あらゆる人間,あらゆるとき,あらゆるところにおいても遵奉すべき普遍的なダルマがあると考えた。釈尊は一切の形而上学的独断を排し,既成の価値観から推論することをやめ,現実そのものに向い,現実のなかから人間の生きるべき道を明らかにして,これをダルマと呼んだ。このようにダルマは「教説」でもあり,人間の守るべき永遠の理法としての「真理」でもある。ダルマの実現を政治理想としたアショーカ王の存在からも知られるように,宗教的義務であるダルマは,同時に超法律的な人倫の法でもあるのは,インド的な政治観念として興味深い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ダルマ

インドの宗教・思想上の重要概念。〈保つもの〉を原義とする。仏教,ヒンドゥー教,ジャイナ教がダルマを重視する。この言葉はさまざまな意味と状況で用いられるが,規範としてのダルマ,善業としてのダルマ,世界を成立させる根本真理・性質としてのダルマなどに分類できる。
→関連項目アショーカマウリヤ朝

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ダルマ【dharma】

インドの宗教,思想,ないし仏教の重要な概念で,仏教では〈法〉と漢訳される。このことばは,〈保つ〉〈支持する〉を意味する動詞の語源dhṛ‐から派生し,そうした作用を実体化した名詞で,〈保つもの〉〈支持するもの〉を原義とする。仏教では,〈任持自性(にんじじしよう)・軌生物解(きしようもつげ)〉,すなわち固有の性質を保ち,ものごとの理解を生じさせるもの,という語源解釈が行われている。ただしこのことばは,状況に応じてさまざまなニュアンスで用いられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダルマ
だるま

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のダルマの言及

【ジャイナ教】より

…〈命〉)と非霊魂(アジーバajīva。〈非命〉)とに大別され,非霊魂はさらに運動の条件(ダルマdharma),静止の条件(アダルマadharma),虚空(アーカーシャākāśa),物質(プドガラpudgala)の4種に分けられるという。霊魂と4種の非霊魂とをあわせて五つの基本的実在体(パンチャースティカーヤpañcāstikāya)と呼ぶ。…

【小乗仏教】より

…仏教の創始者釈迦の滅後約100年して(前3世紀半ばアショーカ王の頃と思われる)仏教教団はしだいに20ほどの部派に分裂し,煩瑣にして壮大な論蔵(アビダルマ(阿毘達磨)abhidharma)を打ち立て論争を行った。この時代の仏教を小乗仏教といい,西洋中世のキリスト教のスコラ哲学に比肩される。…

【カーマスートラ】より

…バーツヤーヤナ(マッラナーガ)作であり,およそ4~5世紀ころに成立したと推定されるが,この成立年代はなんら確定的なものではない。古来,インドではダルマ(法),アルタ(実利),カーマ(性愛)を人生の三大目的(トリ・バルガ)とするが,バーツヤーヤナは特にカーマを学ぶ意義を強調してこの書を著したものである。彼は本書の最後で,〈この書は最高の禁欲と精神統一により,世人の生活に役立てるべく作られたもので,情欲を目的として編まれたものでない〉と述べている。…

【ジャイナ教】より

…〈命〉)と非霊魂(アジーバajīva。〈非命〉)とに大別され,非霊魂はさらに運動の条件(ダルマdharma),静止の条件(アダルマadharma),虚空(アーカーシャākāśa),物質(プドガラpudgala)の4種に分けられるという。霊魂と4種の非霊魂とをあわせて五つの基本的実在体(パンチャースティカーヤpañcāstikāya)と呼ぶ。…

【小乗仏教】より

…仏教の創始者釈迦の滅後約100年して(前3世紀半ばアショーカ王の頃と思われる)仏教教団はしだいに20ほどの部派に分裂し,煩瑣にして壮大な論蔵(アビダルマ(阿毘達磨)abhidharma)を打ち立て論争を行った。この時代の仏教を小乗仏教といい,西洋中世のキリスト教のスコラ哲学に比肩される。…

【説一切有部】より

… 有部の基本的立場は三世実有説である。森羅万象を形成するための要素的存在として70ほどの法(ダルマ)を想定し,これらの法が過去・未来・現在の三世に常に自己同一を保ち実在するが,我々がそれらを経験できるのは現在の一瞬間にすぎない,という主張である。すなわち未来世に存するさまざまな可能性をもった雑乱住の法が現在に引張り出され,そこで一瞬間我々に認識され,次に過去に落謝する(去る)という。…

【ダルマ・シャーストラ】より

…〈ヒンドゥー法典〉とも呼ばれる。狭義には,前2世紀から後5世紀にわたって成立した《マヌ法典》《ヤージュニャバルキヤ法典》など,〈ダルマ・シャーストラ〉あるいは〈スムリティ〉(憶伝書)の名をもつ一群の文献をさす。 〈法(ダルマ)〉に関しては,すでにダルマ・スートラ(律法経)と称する文献群がバラモン教の聖典ベーダに付随して成立しており,バラモン教社会を構成する4階級(バルナ)それぞれの権利・義務や日常の生活法を規定していた。…

【ヒンドゥー教】より

…しかしこの語に正確に対応するインドの言葉はない。ヒンドゥー教徒の中には,自分たちの宗教を〈サナータナ・ダルマSanātana‐dharma(永遠の法)〉とか〈バイディカ・ダルマVaidika‐dharma(ベーダの法)〉と呼ぶ人もいるが,それほど一般的とはいえない。 ヒンドゥー教という語は,しばしばバラモン教と区別して使用されることがある。…

【ミーマーンサー学派】より

…また,ジャイミニはこの学派の根本経典《ミーマーンサー・スートラ》(別名《ジャイミニ・スートラ》)の作者と伝えられているが,この経典が現存の形に編纂されたのは実際には後100年ころである。この経典によれば,この学派の目的は,人間がなすべき義務,つまりダルマ(法)の探求である。ダルマとは,ベーダ聖典が命ずるところのものであり,実際には祭式のことである。…

※「ダルマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ダルマの関連キーワードヒヒダルマ(ノーマルモード)ヒヒダルマ(ダルマモード)にしあらいだるだるにゃん家紋帳箪笥・ダルマ戸棚トウキョウダルマガエルダルマ・シャーストラだるまちゃんシリーズシャバラスバーミンミーマーンサー学派ワレル・ダンマタユディシュティラサンスクリット語ランダルマの破仏キャンディ王宮善知鳥彫ダルマトノサマガエルカーマスートラダルメシアン梅鉢 安太郎ディグナーガ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ダルマの関連情報