コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェンバーズ チェンバーズChambers, Sir Edmund Kerchever

6件 の用語解説(チェンバーズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェンバーズ
Chambers, Sir Edmund Kerchever

[生]1866.3.16. バークシャー,ウェストイルズリー
[没]1954.1.21. デボンシャー,ビア
イギリスの文学研究者。中世演劇エリザベス朝演劇の権威。オックスフォード大学を出て文部省に勤務 (1892~1926) 。『中世演劇』 The Medieval Stage (2巻,03) ,『エリザベス朝演劇』 The Elizabethan Stage (4巻,23) ,『シェークスピア-事実と問題点』 William Shakespeare: a Study of Facts and Problems (2巻,30) ,『中世末期のイギリス文学』 English Literature at the Close of the Middle Ages (45) などの著書がある。

チェンバーズ
Chambers, Raymond Wilson

[生]1874.11.12. スタクストン
[没]1942.4.21. スウォンジ
イギリスの古代・中世文学研究者。1922~41年にロンドン大学教授を務めた。主著『トマス・モアの生涯』Thomas More(1935),"Man's Unconquerable Mind"(1939)。

チェンバーズ
Chambers, Sir William

[生]1723. ゲッテボルク
[没]1796.3.8. ロンドン
イギリスの建築家。スウェーデンで生れ,イギリスで教育を受けたのち,スウェーデンの東インド会社に入り,インド,中国などを航海。 1749年からパリ,ローマで建築を学び,55年イギリスに帰りプリンス・オブ・ウェールズ (のちのジョージ3世) の家庭教師として建築学を教えた。 61年から R.アダムとともに王室建築家となる。パラディオ主義を基調とし,代表作キュー・ガーデンズのパゴダ (1762) ,サマセット・ハウス (76~86) 。著書には『建築論』A Treatise on Civil Architecture (59) がある。

チェンバーズ
Chambers, John Graham

[生]1843.2.12. ラネリ
[没]1883.3.4. ロンドン
イギリスのアマチュア・アスレチッククラブ主宰者,ジャーナリスト。1867年に近代ボクシングルールの基礎となるクイーンズベリールールを策定した。ケンブリッジ大学在学中,オックスフォード大学との対校ボートレース(→漕艇競技)で漕ぎ手として優れた成績を残し,1871年から 1874年まで母校の漕艇チームコーチを務めた。1866年にアマチュアアスレチッククラブを設立し,1880年にはアマチュア・アスレチック・アソシエーションの創設に貢献した。一方,1871年から死去するまで週刊誌『ランドアンド・ウォーター』の編集に携わった。

チェンバーズ
Chambers, Ephraim

[生]1680頃.ケンダル
[没]1740.5.15. ロンドン
イギリスの百科事典編纂者。編纂した『学術百科事典』 Cyclopaediaは,18世紀フランスアンシクロペディストによる偉業の基礎を築いた。 1728年に『学術百科事典』の初版を出版。のちにその功績によりロイヤル・ソサエティ会員に選ばれた。ドゥニ・ディドロらによる『百科全書』 Encyclopédie (1751~72) の編纂は,当初『学術百科事典』のフランス語訳として始まったものである。

チェンバーズ
Chambers, Robert

[生]1802.7.10. ピーブルズ
[没]1871.3.17. セントアンドルーズ
スコットランドの著述家,出版業者。兄のウィリアム (1800~83) とともに出版社 W.&R.チェンバーズを設立し,『チェンバーズ百科事典』 Chambers's Encyclopaedia (1859~68) を出版した。 1818年エディンバラで新聞スタンドの店員として働き始め,多くの文芸人と知己になる。なかでも詩人・小説家のウォルター・スコットは,チェンバーズの著書"Traditions of Edinburgh" (1825) を高く評価した。その後も自身の調査に基づく歴史,文学,地質学などに関する著作を数多く発表。『創造の自然史の痕跡』 Vestiges of the Natural History of Creation (1844) は物議をかもしたが,チャールズロバートダーウィンはこの作品を「先入観を排除し,類似の見解を受容するための基礎を固めるのに大いに役立った」と賞賛している。 1832年兄ウィリアムとともに雑誌"Chambers's Edinburgh Journal"を創刊し,これが W.&R.チェンバーズの設立につながった。『チェンバーズ百科事典』はアンドリュー・フィンドレーターが編集を担当し,チェンバーズ兄弟が監修を務めた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チェンバーズの関連キーワード英学池内蔵太海保漁村カッテンデイケ木下逸雲吉良仁吉小島紋次郎シーボルトニール山県太華

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チェンバーズの関連情報