コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チブサン古墳(読み)チブサンこふん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チブサン古墳
ちぶさんこふん

熊本県山鹿(やまが)市城(じょう)字西福寺(さいふくじ)にある装飾古墳。現地は菊池川の支流、岩野川に臨む台地の東端にあたり、主軸の長さ45メートル、後円部の高さ約5メートルを有する前方後円墳である。墳裾に円筒埴輪(はにわ)列が並び、葺石(ふきいし)もみられる。後円部の南側に総奥行5.5メートルを有する複室の横穴式石室があり、後室の奥壁に沿って阿蘇(あそ)溶岩製の精巧な寄棟造の家形石棺を組み立てている。
 その内壁には、赤・黄・青の三色で塗り分けた菱(ひし)形連続文や三角文のほかに、これらに重ねて同心円文や円文を描く。とくに棺の右内壁は、全体を赤で地塗りし、上段に円文8個を黄で描き、下段には黄で塗り分けた対角線文と、冠をかぶり両腕を掲げ、両足をふんばって立つ人物像を現す。もとは墳丘上に石人一体が立てられていたが、現在東京国立博物館に移されている。1922年(大正11)国史跡に指定された。[乙益重隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android