チモテオス(英語表記)Timotheos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チモテオス
Timotheos

[生]?
[没]前354. カルキス
古代ギリシア,アテネの政治家,軍人。コノンの子でイソクラテスの弟子。前 378~356年に多くの対スパルタ戦の指揮をとり,アテネを盟主とする第2次海上同盟の形成に活躍した。前 356~355年に反乱軍鎮圧のため,イピクラテス,メネステウス,カレスらとヘレスポントスに出動したが,大風のため海戦をあきらめ,このためカレスだけが大敗し,チモテオスは,重い罰金刑を科せられたが,弁償できずカルキスに引退し死亡した。

チモテオス
Timotheos

[生]?
[没]前354頃
ギリシアの抒情詩人。ディチュランボスノモス賛歌など 18巻のうち,サラミスの海戦を歌った『ペルシア人』 Persaiの大断片と,かなりの量の断片が伝わる。

チモテオス
Timotheos

前4世紀前半に活躍したギリシアの彫刻家。前 380年エピダウロスのアスクレピオス神殿の破風およびアクロテリオン (アテネ国立考古学博物館) を制作。また 350年頃スコパス,レオカレスブリュアクシスとともにハリカルナッソスマウソレイオンの装飾彫刻を分担し,南面フリーズを制作した。彼の様式は前5世紀末のアッチカ派の影響を示している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android