コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チモテオス チモテオス Timotheos

3件 の用語解説(チモテオスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チモテオス
チモテオス
Timotheos

[生]?
[没]前354. カルキス
古代ギリシアアテネの政治家,軍人。コノンの子でイソクラテスの弟子。前 378~356年に多くの対スパルタ戦の指揮をとり,アテネを盟主とする第2次海上同盟の形成に活躍した。前 356~355年に反乱軍鎮圧のため,イピクラテス,メネステウス,カレスらとヘレスポントスに出動したが,大風のため海戦をあきらめ,このためカレスだけが大敗し,チモテオスは,重い罰金刑を科せられたが,弁償できずカルキスに引退し死亡した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

チモテオス
チモテオス
Timotheos

[生]?
[没]前354頃
ギリシアの抒情詩人。ディチュランボスノモス賛歌など 18巻のうち,サラミスの海戦を歌った『ペルシア人』 Persaiの大断片と,かなりの量の断片が伝わる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

チモテオス
チモテオス
Timotheos

前4世紀前半に活躍したギリシアの彫刻家。前 380年エピダウロスアスクレピオス神殿の破風およびアクロテリオン (アテネ国立考古学博物館) を制作。また 350年頃スコパスレオカレスブリュアクシスとともにハリカルナッソスマウソレイオンの装飾彫刻を分担し,南面フリーズを制作した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チモテオスの関連キーワードアルキル基エレトリアカルキカルキスマルキストカルキ島クロールカルキ聖サルキス修道院マルサルキスエンジェルキス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone