コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャボ チャボ

百科事典マイペディアの解説

チャボ

ニワトリの一品種。江戸初期に東南アジア方面から日本に渡来し,現在の体型に改良された。小型で,成雄0.6kgぐらい。尾羽が直立し,足は短い。全身白色のシロチャボ,白縁をもつ黒い尾羽を特徴とするカツラチャボ,無尾のウズラチャボ等がある。
→関連項目ニワトリ(鶏)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャボ
Chabo; Japanese bantam

日本でつくられた観賞用のニワトリの小型の品種。1941年国の天然記念物に指定。原品種は江戸時代の初期に,オランダの交易船により東南アジアのジャワ島から輸入された。尾羽が立ち,脚が短く小型で,矮小を意味するチャボル chabolと呼ばれたが,日本語ではチャボと呼ばれるようになったといわれる。語源については,オランダ船がチャンパ(今日のベトナム)から持ち込み,その地名がなまってチャボと呼ばれたという説もある。これを原種とし,日本で改良されて,チャボという名前の品種がつくられた。今日ではそのチャボから多くの品種がつくられ,全日本チャボ保存協会では 25品種が認められている。実際に飼育されているのは 15~17種。また,世界的にチャボという名で愛好者が多く,ヨーロッパ北アメリカオーストラリアなど各国にチャボクラブがあり,国際チャボクラブも結成されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チャボ
ちゃぼ / 矮鶏
Japanese bantam

鳥綱キジ目キジ科の鳥。短脚で尾羽の直立した小形日本鶏の総称で、江戸初期にインドシナのチャンパ(占城)から渡来したのでこの名がある。本種には変種が多く、羽色には赤笹(ざさ)、白笹、猩々(しょうじょう)、五色、桂(かつら)、浅黄、銀鈴波、金鈴波、黒、真黒(しんくろ)があるほか、逆毛、絹糸羽および尾羽の円いダルマがある。小形であることと可憐(かれん)さとから国内外に多くの愛好クラブがある。1941年(昭和16)に天然記念物に指定された。[西田隆雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チャボの関連情報