コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チューダー Tudor, Antony

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チューダー
Tudor, Antony

[生]1909.4.4. ロンドン
[没]1987.4.19. ニューヨーク
イギリスの舞踊家,振付師。本名 William Cook。 M.ランバートに学び,1931年『クロス・ガーター』を発表し振付師の道を開き,『ライラック・ガーデン』 (1936) ,『暗い悲歌』 (37) などモダン・バレエ史上画期的な作品を次々に発表。アメリカに渡ったのち,『火の柱』 (42) をアメリカン・バレエ・シアターのために作った。人間関係や性格をバレエ的な動きによって示すという作風で,心理学的バレエといわれた。ジュリアード音楽院教員,メトロポリタン・オペラ・バレエの芸術監督や付属バレエ学校長,アメリカン・バレエ・シアターのアソシエート・ディレクターなどを歴任。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

チューダー

英国の舞踊家,振付家。ロンドン生れ。マリー・ランバート〔1888-1982〕にバレエを学び,ランバート・バレエ団に入団,ショーソン曲による《リラの園(ライラック・ガーデン)》(1936年),マーラー曲の《暗い悲歌(ダーク・エレジー)》(1937年)など初期の代表作を振り付ける。
→関連項目ロビンズ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チューダー【Antony Tudor】

1908‐87
イギリスの舞踊家,振付師。ロンドン生れ。1930年バレエ・ランバートに入団,《リラの園》(1936,ショーソン曲),《暗い悲歌》(1937,マーラー曲)を振り付けたが,1939年L.チェーズに招かれてアメリカに渡り,彼女の〈バレエ・シアター〉(アメリカン・バレエ・シアター)の創設に参加。2年後,同団の主任振付師になった。現代の振付師の中でもロマンティックで抒情性ゆたかな作風で知られる。それは単なる装飾的な踊りでなく,舞踊と演技が区別できないほど一元化してドラマの中に組み込まれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

チューダー【Antony Tudor】

1908~1987) アメリカのバレエ-ダンサー・振付師。肉体の微妙な動きで人間関係を表すバレエが特長。禅にも造詣が深い。代表作「火の柱」「ロミオとジュリエット」「底流」「乱雲」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チューダー
ちゅーだー
Antony Tudor
(1908―1987)

イギリスのバレエ振付家。ロンドンに生まれる。ランベールに師事、若くして作品をつくり始め、バレエ・ランベール(現ランベール・ダンス・カンパニー)で名作『リラの園』(1936)、『暗い悲歌』(1937)などを上演。バレエのもつスペクタクル性を排し、革新的な意欲のあふれるものであった。1940年アメリカに移住、創設期のアメリカン・バレエ・シアターに参加、ノラ・ケイなどのダンサーを使い、『火の柱』(1942)、『底流』(1945)などを上演した。60年代は低迷したが、75年の『葉は色あせて』は傑作である。[市川 雅]
『片岡康子編著『20世紀舞踊の作家と作品世界』(1999・遊戯社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のチューダーの言及

【ヒンドゥー教】より

…男子のヒンドゥー教徒は,伝統的な人は今日でも頭頂に少し髪を残している。この髪をちょんまげのように束ねたものをシカー(またはチューダー)という。女性はクンクムと称する印を額につける。…

※「チューダー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チューダーの関連キーワードトマス=タリスの主題による幻想曲クライストチャーチマンションスターダンサーズ・バレエ団ソーンベリー・キャッスルエリザベス・ウッドビルガラ・パフォーマンスカサリン[バロア家]サインオブザタカヘブラックオール山脈イギリス国会議事堂チューダー式アーチボズワースの戦いマックロスハウスシュルーズベリーブラディーメリーヘンリー[7世]メアリー[1世]ブリッドリントンベンガルール宮殿チューダー様式

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チューダーの関連情報