コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チューリップ時代 チューリップじだいLâle Devri

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チューリップ時代
チューリップじだい
Lâle Devri

オスマン帝国,アフメット3世 (在位 1703~30) の治世中,戦乱もなく平和であった 1718~30年の時期をいう。当時,ヨーロッパから改良チューリップが輸入されて普及したため,この花の美しさにちなんでチューリップ時代と呼ばれる。この時代はトルコ=イスラム文化の成熟とヨーロッパ文物の流入とによって特徴づけられ,「西欧化」の端緒期といわれる。イラン戦役,インフレーションに触発されたパトロナ・ハリルの反乱によって終りを告げた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チューリップじだい【チューリップ時代】

トルコ語でラレ・デウリLāle devriといい,オスマン帝国アフメト3世Ahmet III(在位1703‐30)の時代,スルタン女婿で風流の聞え高いイブラヒム・パシャİbrahim Paşa(?‐1730)が大宰相(サドラザム)に就任していた執政期(1718‐30)を指す。この時代は,大宰相の開明的な識見と有能な才能により,対外的には宥和政策,内政的には異例の泰平唯美主義の時代を招来した。とりわけフランス宮廷との間に頻繁な使節の交換が行われ,西方の趣味や風潮が導入され,オスマン各層に大きな刺激を与えて絢爛たる新文化を生み出した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チューリップ時代
ちゅーりっぷじだい
Tulip

オスマン帝国のスルタン、アフメト3世(在位1703~30)治世下、とくに1718年から30年に至る対外的に平和な時期に、西欧から芸術、文学、科学などが導入され、イスラム文化とヨーロッパ文化の接触による華麗な新文化を生み出した時代をいう。この時期に、かつてトルコからヨーロッパに伝播(でんぱ)したチューリップが再輸入され、王宮庭園をはじめ全国的に栽培され流行したことから、この名前がつけられた。大宰相イブラヒム・パシャはフランス宮廷との交流を図り、また学者や詩人を援助し、保護した。1727年、トルコ語による印刷所が開設され、辞書、歴史書などが出版された。ヨーロッパから招聘(しょうへい)された建築家によってロココ風の宮殿、庭園などがつくられ、そこではスルタンたちが歓楽を極めた。しかし、浪費によるインフレは民衆の不満を増大させ、30年、パトロナ・ハリルの反乱が勃発(ぼっぱつ)した。その結果、イブラヒム・パシャは処刑され、トルコにおける最初の西欧化の試みは失敗した。[永田雄三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

チューリップ時代の関連キーワードパトロナ・ハリルの乱イブラヒム・パシャパトロナ・ハリルトルコ文学ネディム

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android