コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョウジソウ

3件 の用語解説(チョウジソウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

チョウジソウ

本州,九州,朝鮮,中国の川岸の草原にはえるキョウチクトウ科多年草。茎は高さ40〜80cmで直立し,多数の披針形の葉を互生または一部対生する。花は枝頂にやや多数つき,花冠は青色で径約13mm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

チョウジソウ【Amsonia elliptica Roem.et Schult.】

キョウチクトウ科の多年草で,本州中部以北,北海道の原野湿潤地に野生する。草丈は60~80cm,帯紫黒色の茎を直立させ,披針形全縁の葉を互生する。5~6月ごろに,茎上に藍紫色丁字形の高盆状花を集散花序をなして多数咲かせ,美しい。チョウジソウの名も,その丁字形に見える花形にもとづいている。花用として栽培されることがあり,この属の北アメリカ原産のホソバチョウジソウA.angustifolia Michx.やヤナギバチョウジソウA.tabernaemontana Walt.なども園芸植物として栽植される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チョウジソウ
ちょうじそう / 丁子草・丁字草
[学]Amsonia elliptica (Thunb.) Roem. et Schult.

キョウチクトウ科の多年草。茎は直立し、高さ40~80センチメートル。葉は披針(ひしん)形で普通は互生するが、対生するものもある。初夏、茎頂に十数個の青紫色花を集散状につける。花は高坏(たかつき)状で細い筒の先が5裂し、径約1.3センチメートル。果実は円柱状の袋果で多くは角(つの)状に2本に分かれ、長さ約5センチメートル。本州、九州のやや湿った草地に生え、朝鮮半島、中国に分布する。名は、花形が香料植物のチョウジに似ることによる。[山崎 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チョウジソウの関連キーワード青柳草岩団扇岩桔梗当薬竜胆岩銀杏岩黄耆兎菊小一薬草姫鍬形深山竜胆

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チョウジソウの関連情報