チョウジソウ

百科事典マイペディアの解説

チョウジソウ

本州,九州,朝鮮,中国の川岸の草原にはえるキョウチクトウ科多年草。茎は高さ40〜80cmで直立し,多数の披針形の葉を互生または一部対生する。花は枝頂にやや多数つき,花冠は青色で径約13mm。上半は5裂し,下半は細い筒となる。5〜6月,開花。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チョウジソウ【Amsonia elliptica Roem.et Schult.】

キョウチクトウ科の多年草で,本州中部以北,北海道の原野湿潤地に野生する。草丈は60~80cm,帯紫黒色の茎を直立させ,披針形全縁の葉を互生する。5~6月ごろに,茎上に藍紫色丁字形の高盆状花を集散花序をなして多数咲かせ,美しい。チョウジソウの名も,その丁字形に見える花形にもとづいている。花用として栽培されることがあり,この属の北アメリカ原産のホソバチョウジソウA.angustifolia Michx.やヤナギバチョウジソウA.tabernaemontana Walt.なども園芸植物として栽植される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チョウジソウ
ちょうじそう / 丁子草・丁字草
[学]Amsonia elliptica (Thunb.) Roem. et Schult.

キョウチクトウ科の多年草。茎は直立し、高さ40~80センチメートル。葉は披針(ひしん)形で普通は互生するが、対生するものもある。初夏、茎頂に十数個の青紫色花を集散状につける。花は高坏(たかつき)状で細い筒の先が5裂し、径約1.3センチメートル。果実は円柱状の袋果で多くは角(つの)状に2本に分かれ、長さ約5センチメートル。本州、九州のやや湿った草地に生え、朝鮮半島、中国に分布する。名は、花形が香料植物のチョウジに似ることによる。[山崎 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チョウジソウの関連情報