ツィゴイネルワイゼン

デジタル大辞泉プラスの解説

1980年公開の日本映画。英題《Zigeunerweisen》。監督:鈴木清順脚本田中陽造、撮影:永塚一栄。出演:原田芳雄大谷直子、真喜志きさ子、麿赤児樹木希林大楠道代藤田敏八ほか。第54回キネマ旬報ベスト・テンの日本映画ベスト・ワン作品。ベルリン国際映画祭審査員特別賞受賞。第23回ブルーリボン賞監督賞受賞。第35回毎日映画コンクール脚本賞、撮影賞受賞。第4回日本アカデミー賞最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀助演女優賞(大楠道代)受賞。
スペインのヴァイオリン奏者・作曲家パブロ・デ・サラサーテによるヴァイオリン独奏曲(1878)。原題《Zigeunerweisen》。「ロマ旋律」を意味する。哀感溢れる技巧的な作品として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

チゴイネルワイゼン
鈴木清順監督による映画の題名。昭和55年(1980)公開。サラサーテが演奏するチゴイネルワイゼンのレコード盤をめぐる男女の関係を妖艶に描く。内田百閒による小説「サラサーテの盤」など、いくつかの小説をモチーフに田中陽造が脚色。出演、原田芳雄、大谷直子、大楠道代、藤田敏八ほか。ベルリン国際映画祭審査員特別賞、第4回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本映画。1980年(昭和55)、鈴木清順(すずきせいじゅん)監督。青地(藤田敏八(ふじたとしや))とその友人の中砂(原田芳雄(はらだよしお)、1940―2011)、二人が出会った芸者小稲(大谷直子(おおたになおこ)、1950― )と、中砂の妻の園(大谷直子二役)、そして青池の妻の周子(大楠道代(おおくすみちよ)、1946― )の錯綜(さくそう)した関係を描く。日活時代に独自の美意識を発揮していた鈴木だが、彼の作品を難解とした日活社長によって解雇された。その鈴木の美意識が遺憾なく発揮された一作。目に入ったゴミを舌でなめとる描写や、腐りかけの桃を食べる描写など、官能的な表現が鮮烈。また、生と死の境界の曖昧(あいまい)さを描こうとしている作品でもある。本作は半球ドーム状の特設映画館を用い、各地で移動上映された後、一般上映されるという特殊な興行形態がとられた。[石塚洋史]
『『映画史上ベスト200シリーズ 日本映画200』(1982・キネマ旬報社) ▽佐藤忠男著『日本映画史3』増補版(2006・岩波書店) ▽猪俣勝人・田山力哉著『日本映画作家全史 下』(社会思想社・現代教養文庫) ▽文芸春秋編『日本映画ベスト150――大アンケートによる』(文春文庫ビジュアル版) ▽『日本映画ベスト150――大アンケートによる』(文春文庫ビジュアル版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エッセンシャルワーカー

ライフラインの維持に欠くことができない仕事に従事している人たちを指す。医療従事者、薬局、スーパー、物流企業の従業員、公共交通の運転手、警察官、消防士、ごみ収集作業で働く人などが該当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ツィゴイネルワイゼンの関連情報