コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツェナーダイオード ツェナーダイオードZener diode

5件 の用語解説(ツェナーダイオードの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツェナーダイオード
ツェナーダイオード
Zener diode

ジーナダイオードとも呼ばれる半導体p-n接合空間電荷層が薄い場合,これに逆方向電圧を加えて高電界に保つと,トンネル効果により空間電荷層を横切って大電流が流れるようになる現象をツェナー降伏と呼ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ツェナー‐ダイオード(Zener diode)

逆方向の電圧を増加しても、ある電圧以上で電流だけが増加し、電圧はほぼ一定に保たれるという特性(ツェナー効果)を利用したpn接合ダイオード。定電圧を得るのに用いる。米国の物理学者C=ツェナーがこの現象を説明した。定電圧ダイオードジーナーダイオード

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ツェナーダイオード【Zener diode】

半導体p‐n接合に,逆方向の比較的大きな電圧を印加したとき,ある電圧で急激に大きな電流が流れはじめ,その電圧が一定に保たれる現象を利用した半導体デバイス。p‐n接合ダイオードに逆方向の大きな電圧を加えると,ある値で突然電流が流れはじめ,電圧が一定に保たれる現象を降伏という。降伏現象には,なだれ降伏とツェナー降伏という二つの機構があるが,n形部分とp形部分に含まれる不純物が高濃度であるときには,ツェナー降伏のみが起こる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ツェナーダイオード【Zener diode】

ダイオードの一。 pn 接合ダイオードの逆方向電流が、一定の電圧以上になると、急激に増大するという特性を利用したもの。定電圧を得るためや、過電圧保護などに用いる。低電圧ダイオード。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツェナーダイオード
つぇなーだいおーど
Zener diode

ダイオード電流が変わっても、端子電圧をほぼ一定に保つことのできるシリコンケイ素)ダイオード。定電圧ダイオードともいう。ダイオードは通常逆方向に電圧を加えても、抵抗が高くて電流は流れない。しかし、この電圧をあげていくと、ある電圧までほとんど流れなかった電流が、その電圧を越えると急増し、しかもその電圧はほぼ一定に保たれる。この電流の急増は、一時的にダイオードが電流阻止能力を失っただけで、電圧が下がれば元に戻る。すなわち一時的に阻止能力が失われるにすぎないので、降伏現象とよばれる。この降伏現象を積極的に利用したのがツェナーダイオードで、この現象はトンネル効果となだれ効果の2種類の効果によっている。動作電圧6ボルト以下のものは主として量子力学的トンネル効果により、それ以上の動作電圧のものは主としてなだれ効果によって電流の急増が起こる。この現象は1930年にアメリカの物理学者ツェナーClarence Melvin Zener(1905―1993)によって説明されたので、ツェナーダイオードとよばれるようになった。このダイオードは、合金法や不純物の熱拡散法でつくったシリコンpn接合によっており、電源電圧の安定化、基準電圧の発生などに用いられている。また、外部からのパルス状雑音を一定値以下に抑える作用があるので、集積回路などの保護にも多用されている。[右高正俊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ツェナーダイオードの関連情報