ツェルマット(英語表記)Zermatt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツェルマット
Zermatt

スイス南部,バレー州の町。マッターホルン (4478m) の北側に深く刻まれた谷の奥に位置する景勝地。標高 1620m。住民はほぼ全員がドイツ語を話し,カトリック。マッターホルン,モンテローザ (4634m) ,ワイスホルン (4505m) などスイスアルプスの 4000m峰 38座のうち 29座が集中しており,登山,ウィンタースポーツの好適地で一年を通じ観光客でにぎわう。フィスプからの鉄道 (約 40km) の終点で,おもな山へはケーブルカー,リフトが通じている。フランスのシャモニーなどとともにアルプス登山の中心地。山岳博物館がある。環境を守るため市街から一般の自動車を締出し,馬車と電気自動車が走っている。人口 3548 (1980) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ツェルマット(Zermatt)

スイス南西部、アルプス山中の標高1620メートルにある町。マッターホルンなどの登山基地、観光・保養地として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ツェルマット【Zermatt】

スイスのバレー地方にあるアルプス観光の基地。人口3548(1980)。中世にはアルプス越え通商路の集結地点にすぎなかったが,19世紀中葉に始まる登山熱の中で登山基地として有名になった。特に1865年イギリス人ウィンパーがマッターホルンの初登頂に成功すると,この地は登山家たちの一種の聖地となった。91年,ツェルマットまで鉄道が敷かれ,98年にはゴルナーグラートへの登山電車が開通し,スキー客や一般観光客も多数訪れるようになっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ツェルマット【Zermatt】

スイス南西部、マッターホルン・モンテローザのふもとにある村。海抜1620メートルの高原にあり、アルプスへの登山基地。観光・保養地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツェルマット
つぇるまっと
Zermatt

スイス南西部、バレー州のアルプス山中1616メートルの高所にある町で、世界的に有名な観光・保養地。人口5356(2001)。マッターホルンの登山基地として19世紀から知られるが、現在はここを中心に発達する登山電車、ロープウェーを利用してゴルナーグラート、シュワルツゼーに登り、山岳景観を賞し、勇壮なスキーを楽しむことができる。自動車乗り入れは禁止され馬車が走る静かな町で、世界各地から観光客が集まる。アルプス博物館には登山に関する記録・資料が集められている。[前島郁雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ツェルマット

(Zermatt) スイス南西部、マッターホルンのふもとにある村。登山・スキー、また世界的な保養地として知られる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ツェルマットの関連情報