コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツクバネソウ

百科事典マイペディアの解説

ツクバネソウ

北海道〜九州の山地林中にはえるユリ科多年草。茎は横走する根茎の先から出て高さ20〜40cm。茎頂に4〜5枚の葉を輪生する。5〜6月,茎頂から出た花柄の先に径2cm内外の黄緑花を1個つける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ツクバネソウ【Paris tetraphylla A.Gray】

温帯林の林床に普通にみられるユリ科の多年草(イラスト)。日本全土に広く分布する。東北地方や日本海側では植物体が大きく葉幅が広いが,西南日本では植物体が小さく葉幅が細いものが多い。四国には花が垂下するウナズキツクバネ花梗が短いヨコグラツクバネが分化していて,変種として区別されることがある。地下茎は細く横にはう。地上茎は高さ10~40cmで,上端に4枚の葉が輪生する。花は地上茎の先端に1個つき,外花被片は緑色で4枚あり,内花被片は退化している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツクバネソウ
つくばねそう / 衝羽根草
[学]Paris tetraphylla A. Gray

ユリ科の多年草。地下茎は細長く地中を横走し、径3~5ミリメートル。地上茎は高さ10~40センチメートルで無毛。普通は4枚の葉を輪生するが、葉は典型的な地理的クラインを示し、北海道から本州北陸地方にかけて生育するものは幅が広く、広卵形から卵形。本州中部地方から南西部、四国、九州にかけてのものはしだいに葉幅が狭く、披針(ひしん)形である。花柄も個体差が大きく、0.3~15センチメートル。5~7月、茎頂に1花をつけ、外花被片(かひへん)は4枚で緑色、内花被片はない。果実は球形、径1~1.2センチメートルの液果で、秋に黒く熟す。北海道から九州の低山帯の落葉樹林から亜高山帯下部の針葉樹林内に生える。[河野昭一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ツクバネソウの関連キーワードツクバネソウ(衝羽根草)キヌガサソウ(衣笠草)クルマバツクバネソウ豆知波利中生植物温帯林王孫土針

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android