コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツノマタ(角叉)(読み)ツノマタ(英語表記)Chondrus ocellatus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツノマタ(角叉)
ツノマタ
Chondrus ocellatus

紅藻類スギノリ目スギノリ科の海藻。潮間帯の上部で波をよくかぶる岩上に多く着生する。藻体は平らで基本的には二叉に分れているが,いろいろな形がある。高さ約 15cm,大きなものでは 50cmに及ぶ。幅は2~3mmから5~7cm。色はむしろ褐色のものが多い。糊料として有用な海藻である。同属にコトジツノマタ C. elatus,トゲツノマタ C. armatus,ヒラコトジ C. pinnulatusなどがあり,いずれも潮間帯に生じる。コトジツノマタ,ヒラコトジは食用とする地方もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android