コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツノマタ

3件 の用語解説(ツノマタの意味・用語解説を検索)

海藻海草標本図鑑の解説

ツノマタ

からだはやや幅が広い膜状。かたちは個体変化が著しいが,わりと規則正しく叉状に2〜3回分枝をし,多くは三角形に 近い扇状に広がる。皮層は小型で細長い細胞が並び,髄層は細い糸状細胞が並ぶ。手ざわりはやや厚みがあり弾力を感じる。生体は紫がかった紅色や緑に近いも のなど様々である。 押し葉標本は台紙によくつかない。イボツノマタに似ることがあるが,イボツノマタは胞子の入った嚢果と呼ばれる部分が体の下方につくられない事や,成長するに従いU字の溝状にそり返るので区別がつく。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ツノマタ

紅藻類スギノリ科の海藻。日本各地沿岸の潮間帯の岩上に生育する。体は扁平で幅広く,叉状に分岐する。高さ5〜20cm。暗紅〜緑色で,緑藻類のように見えることがある。
→関連項目漆喰炭団

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツノマタ
つのまた / 角叉・鹿角菜
[学]Chondrus ocelatus Holmes

紅藻植物、スギノリ科の多年生海藻。皮革質、扁平(へんぺい)の葉状体で、上体は2、3回叉(さ)状分岐をし、体表にクジャクの尾羽にある斑紋(はんもん)に似た円形斑紋が散在する。体色は紫紅色が基本ではあるが、紅藻類とは思えないほどに黄色や青緑色となるものもある。体形にも、分岐しないコマタ型や、大きく広開して葉縁にも側葉片をもつオオバツノマタ型などがあり、体色と体形は変化に富む。外海で荒波の当たる岩礁上、潮間帯に周年生育するが、分布は広く、日本沿岸のどこにでも産する。ツノマタは、日本では古くから知られてきた海藻の一つで、刺身のつまなどの食用とされるが、より以上に、含有する粘質物を漆食(しっくい)、壁土などの粘着剤として使用されてきた。こうした糊料(こりょう)的な用途に使われてきたものに北海道産のクロバギンナンソウがあるが、これは今日ではエゾツノマタC. yendoi Yamada et Mikamiの名で同属の仲間とされている。
 ツノマタとよく似た和名の海藻としてコトジツノマタがある。コトジツノマタは、叉状分岐を3、4回繰り返し、細長い体形となる。名の由来は、先端部の形状が琴の弦を支える「琴柱(ことじ)」に似ることによる。分類のうえからみると、コトジツノマタは長い間C. elatusとされてきたが、現在では別属のGigartina elata Kim.に改められている。分布は伊豆半島以東、三陸沿岸までとやや限定される。コトジツノマタにはカラゲニンの含有量が多いため、パン、アイスクリームなどの食品加工用天然物としての用途が拡大している。なお、欧米での寒天製造主原料は古くからトチャカに似たIrish moss./C. crispus Stackhouseが使われているが、これはツノマタと同属である。形状はコトジツノマタに似ており、分布域は北部大西洋の東西両岸と広い。[新崎盛敏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツノマタの関連キーワードイギス顔が広い肩身が広い個体主義個体変異世間が広い千早振る幅広い逸早く個体変化

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ツノマタの関連情報