コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツメタガイ Neverita didyma; bladder moon shell

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツメタガイ
Neverita didyma; bladder moon shell

軟体動物門腹足綱タマガイ科。高 7cm,殻径 8.5cmほどであるが,殻径 15cmに及ぶものもある。殻は球卵形で,螺層は低く,体層は大きく丸い。殻表は平滑で周縁よりも上半分は紫褐色であるが,殻底は白色。殻口は広い半円形で,軸唇の部分が臍孔のほうへ舌状に伸びている。ふたは半透明褐色で革質。軟体は足が非常に大きく,前方では楯状になっていて,また側足,後足も発達して殻を包み,ブルドーザのように砂中を進む。砂中の二枚貝などを襲い,前足でかかえて口吻先端腹側にある副穿孔腺 (酸を分泌すると考えられている) と口の中の歯舌を交互に獲物の殻に押当てて穴をあけて食べる。そのため養殖の害敵とされる。卵嚢砂茶碗といい,砂粒を固めて茶碗を伏せたような形をしている。北海道南部以南に分布し,潮間帯から水深 50mの砂泥底にすむ。殻は貝細工の材料になる。日本の縄文期の貝塚遺跡からはアカニシに次いで多く出土する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ツメタガイ

タマガイ科の巻貝。ツベタガイとも。高さ7cm,幅8.5cm。殻は褐色で殻底は白い。軟体は大きく紫灰色で,前後から殻をおおう。触角はあるが,眼を欠く。ふたは褐色で革質。北海道南部〜九州,西太平洋の浅海の砂泥底にすむ。アサリやハマグリなどの貝類を足で抱き,殻に穴をあけて食べるため,養殖の害貝である。卵塊は砂と一緒にかため茶碗を伏せたような形で,砂茶碗という。肉は食用にするが不味,殻は貝細工に利用。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツメタガイ
つめたがい / 螺貝・津免多貝
necklace shellmoon shell
[学]Glossaulax didyma

軟体動物門腹足綱タマガイ科の巻き貝。北海道南部以南に分布し、内湾の潮間帯の砂泥底にすむ。普通、殻高70ミリメートル、殻径85ミリメートルぐらいである。殻は卵球形で、螺塔(らとう)は低く、螺層は5階で体層が大きく丸い。殻表は平滑で、紫褐色を帯びており、殻底は白色。殻口は広くて半円形。臍孔(へそあな)は広いが、その上は溝で2部分に分けられた半月形の臍索(さいさく)でなかば覆われている。蓋(ふた)は角(つの)色で半透明である。軟体の足部は大きく、頭部は盾状となる。側足や後足が発達して殻を後方から覆う。砂中生活に適し、ヒトデなどに襲われると殻を足部で包んで逃れる。また、アサリ、ハマグリなどの貝類を襲って足で包み、穿孔腺(せんこうせん)から出る酸と歯舌で貝殻に穴をあけて肉を食べるので、養殖貝の害敵である。卵嚢(らんのう)は、茶碗(ちゃわん)を伏せたような形に砂泥を粘液で固めてつくるので、スナヂャワンとよばれる。肉はイチゴとかツベタとよばれて食用にされるが、堅くて味はよくない。殻は貝細工に利用される。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ツメタガイの関連キーワードスナヂャワン靫貝・空穂貝津辺多貝水産増殖唾液腺蔦島虚貝玉貝空貝

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ツメタガイの関連情報