コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツユクサ(露草) ツユクサCommelina communis; dayflower

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツユクサ(露草)
ツユクサ
Commelina communis; dayflower

ツユクサ科の一年草。ツキクサともいう。アジア東部の温帯から暖帯にかけて広く分布し,近年では北アメリカでも野生化している。路傍,荒れ地,畑地などに普通に生える。茎の下部は横にはい多数分枝して,節からひげ根を出す。葉は卵状披針形で2列に互生し無毛。葉の基部は鞘状になって茎を包む。茎の上部の節から短い柄を出し,その先端に2つ折りになった広卵形で緑色の包葉がつき,そのなかに少数の花をつける。朝早く開花して午後 (露がなくなる頃) には花が閉じるので露草の名があり,またツキクサは往時布を染めるのに用いたことによる名である。本種の変種とされるオオボウシバナは花が特に大きく鮮かで,染料用として使われた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ツユクサ(露草)の関連キーワードツユクサ科

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android