コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツリガネムシ Vorticella

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツリガネムシ
Vorticella

原生生物界アルベオラータ門ツリガネムシ科ツリガネムシ属の種類の総称。体は逆釣鐘形で,上端の周口部には環状に繊毛列があり,体の下端は伸縮性の著しい柄をもっていてこれで他物に着生する。種類が多く,群生するものと単独で生活するものとがあるが,群体はつくらない。体の大きさも変化に富み,直径 0.04mmのものから大きなものでは直径 0.1mm,柄の伸びきったときの高さ 0.2mmに及ぶものまである。ほとんどが池や沼にすむ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ツリガネムシ

繊毛虫類ツリガネムシ科の原生動物。体は釣鐘を上向きにした形で,体長(柄部を除いて)100〜200μm。上端には繊毛の列があり,これで水流を起こして食物を体内にとり込む。
→関連項目繊毛虫

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツリガネムシ
つりがねむし / 釣鐘虫

繊毛虫門少膜綱縁毛目の1属Vorticellaの総称。釣鐘形の細胞体と柄(え)からなり、柄の末端で水中の植物、石、ごみ片などに付着生活をする。数十種が知られ、大部分は淡水産で、海産種もある。体の上部にある周口部を取り巻く繊毛の運動で生じた水流を利用して餌(えさ)(主として細菌類)を取り込む。細胞体長は種によって異なり40~200マイクロメートルで、大核(多くはC字形)と小核をもつ。柄長は細胞体の3~8倍。柄内部にはスパスモネームspasmonemeとよばれる収縮性繊維が螺旋(らせん)状に走行する。そのため、種々の刺激に応じて収縮すると柄はコイル状に巻かれる。この収縮・弛緩(しかん)はCaイオン濃度の変化で引き起こすことができ、その運動にはATP(アデノシン三リン酸)は不要。好環境下では二分裂して1本の柄に二つの娘(じょう)細胞が一時的に生ずる。続いて両娘細胞は遊泳幼生に変態して柄を離れ、水中の適当な付着物上で柄を分泌して親となる。種により付着パターンが違い、群生と単独生活する種とに分けられる。不等分裂で生じた大配偶子と小配偶子による有性生殖もする。悪環境下では柄を残したままシストcystを形成する。近年、汚水の指標生物として原生動物が重要視されており、とくに定着性の縁毛類が利用されている。淡水の代表種には、大形のカンパヌラV. campanula、コンワラリアV. convallaria、モニラータV. monilata、ミクロストマV. microstomaなどがある。海産種にはマリナV. marinaなどがある。[堀上英紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ツリガネムシの関連キーワードツリガネムシ(釣鐘虫)エピスティリス症接合(生物)ツリガネ病細胞運動繊毛虫類釣鐘虫接合

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android