コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツンベルギア ツンベルギア Thunbergia; clock-vine

4件 の用語解説(ツンベルギアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツンベルギア
ツンベルギア
Thunbergia; clock-vine

ヤハズカズラ属といい,キツネノマゴ科の常緑低木で,つるになるものが多く,熱帯アフリカマダガスカルインド地方などに約 200種が知られる。花冠は大型の漏斗形または鐘形で,紫,青,黄,白などがあり美しい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ツンベルギア

おもに熱帯アジア,アフリカに分布するキツネノマゴ科の一属。100種以上があり,10種くらいが観賞用に栽培されている。ツンベルギア・グランディフロラ(和名ベンガルヤハズカズラ)はインド原産で,分岐性のよいつる性。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ツンベルギア【clock‐vine】

キツネノマゴ科ヤハズカズラThunbergiaのつる性あるいは木本性の植物。中央アフリカ~南アフリカ,マダガスカル,熱帯アジアに200種以上があり,大きく目だつ花をつけるものが多いので,いくつかの種が観賞用に栽植される。属の学名はツンベリーの名にちなむ。ヤハズカズラThunbergia alata Bojer(英名black‐eyed‐Susan vine)(イラスト)は小型のつる性多年草で,葉腋(ようえき)に径3cmほどの5弁の花をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツンベルギア
つんべるぎあ
[学]Thunbergia

キツネノマゴ科ツンベルギア属の総称。多年草または低木でつる性の種類もあり、熱帯アフリカ、マダガスカル島、熱帯アジアに約100種分布する。以下の各種がよく知られる。アラータT. alata Bojerは熱帯アフリカ原産のつる性多年草であるが、春播(ま)きして夏には開花するので、一年草として扱う。葉柄に幅広い翼があるのが特徴である。花は鐘状、花冠は5裂し、橙黄(とうこう)色で中心の筒状部は黒紫色であるが、白色花もある。垣根やグランドカバー、吊(つ)り鉢、行灯(あんどん)仕立てなどに利用する。フラグランスT. fragrans Roxb.は葉はやや多肉質で、葉柄に翼がない。花は白色で径4~5センチメートル、芳香はない。グランディフローラT. grandiflora Roxb.はベンガル地方原産の大形の多年生つる草。秋から冬に総状花序をつくり、青紫色花を開く。白色花の変種がある。ラウリフォーリアT. laurifolia Lindl.は花は前種によく似るが、葉は広披針(こうひしん)形でゲッケイジュの葉に似る。観賞温室などでまれに栽培される。エレクタT. erecta (Benth.) T. Anders.は熱帯西アフリカ原産の低木で、葉腋(ようえき)にらっぱ状の青紫色花を開く。白色花の園芸品種がある。フォーゲリアーナT. vogeliana Benth.はエレクタに形態がよく似るが、葉、花ともにはるかに大きい。一年中開花し、鉢植えにも向く。ツンベルギア属の各種は日当りをよくし、5℃以上で越冬する。繁殖は挿木による。[高林成年]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツンベルギアの関連キーワード狐の孫葉黒草きつねのおきゃくさまきつねのかみさまきつねのでんわボックスキツネノタイマツキツネノマゴヤハズカズラキツネノヒマゴベンガルヤハズカズラ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone