テスター(英語表記)circuit tester

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テスター
circuit tester

回路計ともいう。電気機器,電気回路などの調整や故障発見を手軽に行うため,電圧,電流などを測定する携帯用の計器。可動コイル型直流電流計,分流器,可変抵抗器,測定範囲切替スイッチなどのほか,整流器も内蔵しているので,直流,交流ともにかなり広範囲に測定することができる。また普通乾電池を内蔵して抵抗も測定できるようになっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

テスター

回路計とも。電気回路や電気機器の点検や保守などに用いられる簡易計測装置。交・直流の広範囲の電圧,電流,抵抗が測定できる。ふつうメーターには直流電流計を使用,切換スイッチで測定範囲を選択する。抵抗測定のための乾電池を自蔵

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

テスター【tester】

回路計ともいう。保守,点検など電気回路の試験に用いられるもっとも簡便で,携帯可能な測定器。最大指示10~500μΑの可動コイル形電流計を基本とし,付属回路と併用し,直流の電流,電圧,抵抗,交流の電圧を測定指示するものである。このほか低周波出力,温度計など付加測定機能をもつものもある。電圧,電流など測定対象ごとに,3~6段の測定範囲を有する。許容差はJISに規定され,直流電圧,電流で最大目盛値の±2~3%,交流電圧で±3~4%,抵抗で目盛値の±3%である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

テスター【tester】

抵抗値、直流の電圧・電流、交流の電圧がスイッチの切り換えによって計測できる計器。回路計。ラジオ-テスター。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のテスターの言及

【マルチメーター】より

…一つの計器で切換えスイッチを使い,複数の量を測定することのできる多機能計器のこと。テスターはその一種で,直流電圧,電流,抵抗,交流電圧を測定することのできるもので,さらに特殊な用途(例えば低周波出力,温度測定など)の付加機能を有する場合もある。ディジタル計器ではディジタルマルチメーターが代表例で,直流電圧,電流,交流電圧をディジタル表示できる。…

※「テスター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

テスターの関連情報