コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テストパターン テストパターンtest pattern

翻訳|test pattern

4件 の用語解説(テストパターンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

テスト‐パターン(test pattern)

テレビ送像装置や受像機で、画像の調整や性能の測定に使う図形。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

テストパターン

テレビ送像機または受像機の試験調整に用いられる図形で,直線,円,白黒の濃淡等で構成される。これが最良状態になるように,左右上下のひずみ,コントラストの調整などを行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

テストパターン【test pattern】

テレビなど画像通信の送・受信機の調整または、性能検査のために使用する画像。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テストパターン
てすとぱたーん
test pattern

テレビ受像機を調整するために使用する図形。受像機の基本的性能である解像度、偏向ひずみ、縦横比、階調などが一目でわかるよう、またそれを調整するのに便利なように、円、直線、楔形(くさびがた)、およびグレースケールなどで構成される。またこのような共通要素のほか、放送局のコールサインや、ほかのデザインを入れ、各局がそれぞれ独自のものをつくり、放送している。カラーテレビの調整用には、このほかカラーバーとよばれるパターンがある。画面の下半分に白黒を、上半分に左から白、黄、シアン、緑、マゼンタ、赤、青の各色を配したもので、色の調整に使用されている。受像機の性能が向上・安定し、一般家庭で受像機を調整する必要がほとんどなくなってきたことから、現在ではテレビ番組が放送される前の早朝か、放送終了後の深夜などに放送されることが多い。
 テストパターンという用語は、もともとは前記のように放送関係の用語として使われたものであるが、現在では電子装置や電子部品の動作試験用に使うさまざまなパターンもテストパターンとよばれ、適用範囲を拡大して使われることが多くなっている。このような拡大されたテストパターンの用法の具体例として、複雑な半導体集積回路の動作の検証のため目的ごとにパターンを加えて行う応答チェック、プリンターの印刷状態やコンピュータ・ソフトウェアの検査ヘの使用、などがあげられる。[吉川昭吉郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

テストパターンの関連情報