コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テスピス テスピスThespis

翻訳|Thespis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テスピス
Thespis

前6世紀のギリシア,イカリアの詩人。前 534年頃,アテネの演劇祭の競演で優勝。ディオニュソス神への賛歌であるディチュランボスの合唱のなかに,独白や対話を導入した最初の詩人で,ギリシア悲劇の祖とされる。また,仮面を使用した最初の人とされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

テスピス

前6世紀の,ギリシア悲劇の祖といわれる詩人。コロスのみの劇に俳優を登場させたとされているが,確かではない。
→関連項目ギリシア演劇

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

テスピス【Thespis】

前6世紀中葉に活躍したと伝えられる古代ギリシアの悲劇詩人。生没年不詳。僭主ペイシストラトス時代のアテナイの大ディオニュシア祭において初めて悲劇を上演したと伝えられるが,作品もその断片もまったく伝存していない。役者の登用や,演劇用の語り言葉の創出,布製の仮面使用なども彼に負うとされ,現在でもThespianという英語が〈演劇・戯曲の〉という形容詞のほか,〈悲劇役者・俳優〉を表す名詞として用いられるほどだが,確実な証拠はない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

テスピス【Thespis】

紀元前六世紀中頃に活躍した古代ギリシャの半伝説的悲劇詩人。前530年代に、アテナイの大ディオニュソス祭で初めて悲劇を上演したとされ、役者の使用や布製の仮面の使用などの創案・改良が伝わる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テスピス
てすぴす
Thespis

古代ギリシアで紀元前6世紀後半に活躍したとされ、悲劇の発見者とよばれる人物。悲劇の競演はアテナイ(アテネ)で国家的行事と定められたが、前534年、テスピスはさっそくこれに合唱隊を率いて登場し、自分はひとり離れた長として合唱隊相手の対話を行い、この第一俳優なるものの創始によって悲劇発展の基礎を確立したという。また、断片すら残っていないが、作品を書き、仮面の導入のほか、盛時の悲劇が備える体裁を整えたのも彼の功績と伝えられる。だが、これらの伝承はすべて遠い後代にみいだされるものであり、はたして現存の悲劇がどの程度までテスピスの発明に負うているかは定めることができない。やはり伝説的人物とみなしておくべき存在であろう。[細井雄介]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のテスピスの言及

【ギリシア演劇】より

…このような古い歌舞音曲の場を背景として,役者が仮面を着用し神話や伝説の人物に扮して台詞(せりふ)を語ることが,演劇誕生の最初の契機となったのであろう。詩人テスピスがアテナイのディオニュソスの大祭(ディオニュシア祭)で初めて悲劇詩人として登場した(前536‐前533年ころ)という伝承は,おそらくその辺の事情を告げるものと解される。当時アテナイは僭主政の下にあったが,やがて民主政が施行されるに及んで演劇はますます興隆をきたす。…

※「テスピス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone