テス

百科事典マイペディアの解説

テス

T.ハーディの小説。1891年刊。正題は《ダーバビル家のテス――純潔な女性》。貧しい一家を背負った娘テスが,奉公先の同姓の富豪の息子に犯され,のちに純情な青年と結ばれるが,過去を告白したため捨てられる。最後は富豪の息子を殺して,処刑される。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

テス

1979年公開のフランス・イギリス合作映画。原題《Tess》。トーマス・ハーディ『ダーバヴィル家のテス』の映画化。監督:ロマン・ポランスキー、出演:ナスターシャ・キンスキー、ピーター・ファース、レイ・ローソンほか。第53回米国アカデミー賞作品賞ノミネート。同美術賞、撮影賞、衣装デザイン賞受賞。仏セザール賞最優秀作品賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

テス【Tess of the D’Urbervilles】

イギリスの作家T.ハーディの小説。1891年出版。正確な表題は《ダーバービル家のテス》,副題に〈清純な女性〉とある。イギリス南部の田園地方を舞台に,農家の清純な乙女テスが好色な男に誘惑され,処女を失い私生児を生み,さらに運命のいたずらや世の因習,宗教の偏狭などに翻弄され,最後に男を殺し死刑になるまでを描く。作者のギリシア悲劇的人生観が強く打ち出された作品。【小池 滋】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

テス

ハーディの長編小説。1891年刊。貧農の娘テスが男たちのエゴイズムと偏見に満ちた行動に翻弄された結果、殺人を犯し断頭台に上る悲劇を描く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テス
てす
Tess of the d'Urbervilles

イギリスの作家ハーディの長編小説。1891年刊。『ダーバビル家のテス』とも訳される。女主人公テスは中世貴族の末裔(まつえい)で、いまは貧しい農家の娘。ダーバビルの家名をかってに名のる成金の家に奉公するが、道楽息子アレックに犯され私生児を産む。赤ん坊の死後働きにいった牧場で、両親の信仰に反発し農場主として独立を図る牧師の息子エンジェル・クレアと知り、愛し合って結婚する。しかし彼女が正直に過去を告白すると、観念的な理想主義者エンジェルはショックを受けて彼女を置き去りにし、外国に去る。テスは農場の雇い女となってつらい労働に耐えるが、親兄弟が村を追われて流浪の身となったため、アレックの囲い者となる。そこにエンジェルが帰国する。絶望したテスはアレックを殺し、過酷な仕打ちを悔いるエンジェルとの逃避行につかのまの幸福を味わうが、捕らえられて死刑となる。何者にも犯せない女の純潔、対照的な2人の男のそれぞれの無理解を超えて愛を貫く女の至情を、印象的な農村生活を背景に描き出す。19世紀イギリス文学の傑作の一つ。[海老根宏]
『井出弘之訳『世界文学全集56 ダーバヴィル家のテス』(1980・集英社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のテスの言及

【テンス】より

…体型が似ているのでアマダイ(串本)とも呼ばれることがある。テンスは三崎,江ノ島での呼名で,テス(関西,四国)ともいう。背びれ第1棘(きよく)は糸状にのび,また第1棘と第2棘は第3棘以下とやや離れ,鰭膜(きまく)もとぎれている。…

【ハーディ】より

…《緑の木陰》(1872),《狂乱の群れを離れて》(1874),《帰郷》(1878)などが初期の代表作である。《カスターブリッジの市長》(1886),《テス》(1891),《日陰者ジュード》(1896)など後期の代表作では,小説のプロットの組立てがますます精緻巧妙になり,建築家としての才能が構成に発揮されている。しかし,彼の小説の特徴は単にその構成の巧みさのみにあるのではない。…

※「テス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

テスの関連情報