コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テノチティトラン テノチティトラン Tenochtitlán

3件 の用語解説(テノチティトランの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テノチティトラン
テノチティトラン
Tenochtitlán

アステカ民族の築いた王国の首都。現在のメキシコシティー。 14世紀中頃テスココ湖上の小島に築かれた湖上都市で,15世紀中頃以後アステカ民族の強大化とともに発展。 16世紀初頭には人口 20万~30万に達し,壮麗な神殿,宮殿,家屋が立並んでいたが,スペイン人により徹底的に破壊された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

テノチティトラン

アステカ王国の首都。アステカ族の伝説〈サボテンの上にとまったワシが蛇を食べている場所が未来の繁栄を約束する土地〉(現在メキシコの国旗の図柄)に従って,14世紀半ばテスココ湖に浮かぶ島に築かれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テノチティトラン
てのちてぃとらん
Tenochititln

メキシコ市の位置にあったアステカ王国の首都。1345年ごろ建設されたといわれ、テスココ湖上の島の上に位置していた。初めアステカ人の二つの集団が、島の北と南に町をつくり、それぞれテノチュ(首長)をいただいていたが、15世紀末に、南のテノチティトランが、北のトラテロルコのトラトアニ(古代メキシコ語で王の意)を廃して行政官を送り、事実上北の地区を併合した。15世紀初めからのアステカの勢力拡大に伴って、町の規模は大きくなっていったが、最終的には、12ないし15平方キロメートルの地域に、15万ないし20万の人口が密集して住む大都会になった。町全体は、トラテロルコを含めて五つの地区に分けられ、さらにそれが80のトラシラカリとよばれる小区域に細分されていた。それぞれのトラシラカリには小さな行政、祭祀(さいし)センターが設けられて、道路は碁盤の目状につくられ、それと並行して運河が通っていた。居住者はすべて非農耕民で、食糧は本土から舟で補給され、飲料水は西の対岸にあるチャプルテペックから水道で引かれていた。町の中央部には一辺500メートル四方の大神域があり、アステカの主神ウィツィロポチトリや、軍神テスカトリポカ、水神トラロックはじめ多くの神々に捧(ささ)げられた神殿、球戯場などが建っていた。神域の外部には、アステカの王たちの宮殿が建っていた。
 テノチティトランは、1521年にこれを占領したスペイン人の手で徹底的に破壊されたため、主要な建造物はすべて姿を消した。1936年にマヌエル・ガミオが大神殿の基底部を一部発掘したが、1978年2月になって、その付近で道路工事が行われた際、月の女神コヨルシャウキを彫刻した直径3.26メートルの石板が発見された。それを契機に大神殿の基礎を全面的に発掘することが大統領の指示により決定されて、メキシコの考古学者のグループが調査を行った。[増田義郎]
『コルテス『報告書簡』(『大航海時代叢書 第期 第12巻』所収・1980・岩波書店) ▽ベルナール・ディーアス著、小林一宏訳『メキシコ征服記』(『大航海時代叢書 エクストラシリーズ 第3~5巻』所収・1986・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のテノチティトランの言及

【アステカ文化】より

…テノチティトランと呼ばれた現在のメキシコ市の中心部に都を置き,14世紀からスペイン人によって征服された1521年まで栄えた文化。アステカAztecaとは彼らの伝説上の起源の地,〈アストランAztlan〉の人を意味する。…

【コルテス】より

…4月,サン・フアン・デ・ウルアに達し,アステカ王国の情報を得て,ベラクルス市を建設後,国王カルロス1世にアステカ征服の許可を求める書翰を送る。8月,内陸へ進軍し,途中アステカ族と対峙するトラスカラ族を味方とし,チョルラでの激戦ののち,11月アステカ王国の首都テノチティトラン(現,メキシコ市)に入り,モクテスマ2世を幽閉。翌年4月,ベラスケスが派遣した追討軍を迎え討つためベラクルスに向かい,6月,追討軍を打破して味方とし,首都へ帰還するが,首都ではインディオの武装蜂起が起こっていた。…

【氏族制度】より

…スペイン人がアステカの王もしくは皇帝と考えた職は,もともと旧大陸の専制君主にあたるようなものではなく,一種の議会の手で選挙された最高の軍司令官であった。こんにちのメキシコ市にあったアステカの首都テノチティトランは,四つの地区に区画され,そのおのおのはまた,カルプリcalpulliという集団の占める小地区に分かれる。各カルプリはそれぞれ独自の職業に従事し,各自の神と神殿と土地と,そしてある程度の自治的な制度とをもつ。…

【テスココ[湖]】より

…標高2237m。アステカ帝国のころには広い湖面をもち,その西部にアステカの首都テノチティトランがあったが,メキシコ市の建設後,市内が冠水する危険があったので,17世紀より排水工事が行われ,1900年には排水路とテキスアク・トンネルが完成し,湖は縮小した。現在では,大部分が塩分の多い砂漠地であるが,雨季の終りには湖は拡大する。…

【メキシコ[市]】より

…この伝説はメキシコの国旗の図柄に象徴的に描かれている。アステカ族は周辺部族を征服し,371の従属都市から貢納を集める大帝国に発展し,14世紀半ばにテスココ湖上に浮かぶ島に壮大な都市テノチティトランTenochititlánを建設した。湖には数本の堤道が築かれて島と湖岸とを結び,中央広場には神権政治の舞台である大ピラミッドがそびえ,人口は約20万~30万を数えたといわれる。…

※「テノチティトラン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

テノチティトランの関連キーワードテパネカ王国ランサン王国Αιγαίアステカアステ川西ルータ王国の危機アステカ遺跡アステカ文化ネサワルコヨトルアステカ王国

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

テノチティトランの関連情報