コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テリハボク Calophyllum inophyllum; laurel wood

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テリハボク
Calophyllum inophyllum; laurel wood

オトギリソウ科の常緑高木。旧世界の熱帯地方の海岸に広く分布し,果実が海水に流されて散布する。葉は対生し長さ 10~20cmの小判状楕円形で厚い革質をし,表面に光沢がある。7月頃,総状花序に径3~4cmの白色5弁のチャに似た花をつける。花には芳香がある。防風樹として植えられるほか,材は造船,建築に用いられる。日本では特に小笠原諸島で防風林となっている。沖縄ではこのテリハボクと性状のよく似た同科別属のフクギ Garcinia subellipticaが防風林とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テリハボク
てりはぼく / 照葉木
[学]Calophyllum inophyllum L.

オトギリソウ科の常緑高木。別名ヤラボともいうが、これは沖縄の方言に由来する。高さ20メートル以上に達する。葉は堅い革質で対生し、楕円(だえん)形または長楕円形で全縁、長さ10~15センチメートル。中央脈は裏面に突出し、側脈は互いに平行、表面は光沢がある。総状花序を腋生(えきせい)し、白色で径約4センチメートルの香りのある4弁花を開く。雄しべは黄色で多数ある。核果は球形で径約3センチメートル、種子が1個ある。海岸に生え、小笠原(おがさわら)、沖縄、宮古、八重山(やえやま)の各諸島、および台湾、熱帯アジア、マダガスカル、ポリネシアに分布する。防風林、街路樹に適する。また材は堅くて光沢があり、高級材(マホガニーの代用)とされる。樹皮は染料、種子の油は外用薬とする。[島袋敬一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

テリハボクの関連キーワードオトギリソウ科

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android