コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テンナンショウ

3件 の用語解説(テンナンショウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

テンナンショウ

マムシグサ」のページをご覧ください。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

テンナンショウ【Arisaema serratum (Thunb.) Schott】

暖温帯域を中心に日本全国に広く分布するサトイモ科多年草。多形的で,それぞれの地方型にいろいろと名まえがつけられている。地下に直径3~5cmほどの扁球形の球茎があり,春にそこから高さ40~100cmをこえる葉柄の葉鞘(ようしよう)部が巻き重なった偽茎を伸ばし,通常2枚の葉をつける。葉身は鳥足状に7~15裂し,しばしば葉縁に鋸歯がある。花茎は偽茎の中を貫通し直立し,その頂端に仏焰苞に包まれた肉穂花序をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テンナンショウ
てんなんしょう / 天南星
[学]Arisaema

サトイモ科テンナンショウ属の総称。多年生の草本で、普通は湿潤な森下に生え、まれに草原や岩地にも生育する。茎は短縮して球茎または根茎となり、各節には通常腋芽(えきが)が1個あるが、まれに副芽を生じる。1、2枚の普通葉(一般に葉とよばれる)と数枚の鞘状(しょうじょう)葉がある。普通葉は長い葉柄があり、3裂、または鳥足状か放射状に分裂して網状脈がある。通常は葉柄の下部は円筒状となって花序の柄を囲み、茎のようにみえるので偽茎とよばれる。仏炎包(ぶつえんほう)は下部は筒状に巻いて肉穂花序を囲み、上部は葉状で舷部(げんぶ)とよばれ、通常は前に曲がる。花序は単性または雌雄性で、1年に1個、花茎に頂生する。花は花被片(かひへん)がなく単性で、雌花は1室の子房、雄花は合着した雄しべからなり、花序軸の下部に密生する。雌雄性の花序では、下部に雌花群があり、その上に雄花群がある。花序軸の上部は裸出して、付属体とよばれる部分となる。付属体は棒状、または先が細長く伸長して糸状となり、まれに毛髪状に分裂する。基部が急に狭まる場合には、この部分を付属体の柄とよぶ。付属体上に突起状の退化花を生じる種もある。果実は液果で赤く熟す。
 本属の植物は栄養状態により花序の性が転換することが知られており、株の成長に伴い、一般にまず雄性の花序をつけ、そののちに、株が成熟すると通常は雌、または種類によって雌雄性の花序をつけるようになる。花序には悪臭があり、送粉は小形のハエなどによって行われる。世界に約150種あり、そのうちの多くは東アジアからヒマラヤの暖帯から温帯に分布する。日本にはウラシマソウ、マムシグサ、ムサシアブミ、ユキモチソウ、ヒロハテンナンショウなど約30種分布する。[邑田 仁]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テンナンショウの関連キーワードルチノース暖温帯松坂炭焼長者暖温帯林ショウロフラボバクテリウム灰色土

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

テンナンショウの関連情報