コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディガーズ

世界大百科事典 第2版の解説

ディガーズ【Diggers】

イギリスの市民革命が最高潮に達した1649年の4月初め,ウィンスタンリーに率いられた貧農の一団がサリー州の聖ジョージの丘で共用地の耕作を始めた。これをディガーズ運動という。彼らは土地の共有と賃労働関係の廃止とを呼びかけ,ノーサンプトンやケントなどでも類似の運動が開始されたが,いずれも1年足らずで妨害されて消滅した。近代社会主義の先駆的運動と評価されるが,中世の共同体を理想としていた。【田村 秀夫】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ディガーズ
でぃがーず
Diggers

ピューリタン革命の最左翼を担った民衆運動の一派。イギリスの神秘主義的ユートピア主義者ウィンスタンリーに率いられた貧民の一団が、1649年4月1日、サリー州コバム近郊の聖ジョージの丘で荒れ地を開墾し、共同生活を始めたことから、ディガーズ(掘り耕す人々)の名がついた。彼らはレベラーズ(水平派または平等派ともいう)の主張した政治的平等をさらに推し進め、経済的、社会的平等を主張して自ら「真正水平派」を名のった。この運動は弾圧されて1年しか続かなかったが、ピューリタン革命期にその絶頂をみた、神の国がこの地上に実現することを夢みる千年王国主義Millenarianism的風潮を示すエピソードの一つとなった。中世以来の反封建領主闘争の最後の局面であると同時に、きたるべき近代世界における反資本主義的民衆運動の先駆けとなった。(書籍版 1987年)[小泉 徹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ディガーズの関連キーワードオーストラリア・ニュージーランド文学ミュージカル映画ディッガーズショショーニパイユート小泉

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android