コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デウスエクスマキナ 〈ラテン〉deus ex machina

デジタル大辞泉の解説

デウス‐エクス‐マキナ(〈ラテン〉deus ex machina)

《機械仕掛けの神の意》古代ギリシャ劇の終幕で、上方から機械仕掛けで舞台に降り、紛糾した事態を円満に収拾する神の役割。転じて、作為的な大団円

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

デウスエクスマキナ【deus ex machina】

〔「機械仕掛けの神」の意〕
演劇・文芸で、行き詰まった状況やむずかしい結末を必然性なく登場して解決する便宜的な役柄。また、そのような技法。エウリピデスが多用したもので、クレーンのような機械で神の役を登場させたことからいう。転じて、安易な解決策。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デウスエクスマキナの関連キーワードエウリピデスクレーン必然性

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android