デザート(読み)でざーと(英語表記)dessert

翻訳|dessert

日本大百科全書(ニッポニカ)「デザート」の解説

デザート
でざーと
dessert

食後にとる菓子果物チーズ、コーヒーを総称していう。前菜からスープ、魚料理、肉料理、サラダと一連のコースが終わったところで、バター皿、塩入れ、こしょう入れなどの食器類をかたづけ、改めて供される甘味料理がデザートである。主要料理はあまり甘いものは出されないが、デザートコースでは甘味をもち、口あたりのしっとりしたものがよい。

 デザートの種類としては温菓(加熱したもの)と冷菓とがある。温菓ではプディングスフレフリッタークレープ、パイ類、ビスケットなどが供される。冷菓としてはアイスクリームシャーベットのように自然に口の中で溶ける氷菓類や、自然の酸味をもつ果物などが喜ばれる。

[小林文子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「デザート」の解説

デザート

ディナーの最後に出される品目で,ふつうアイスクリーム,プリンババロアなどのアントルメ(甘味料理),チーズ,果実などとコーヒーを供する。サラダでメーンコースは一応終わり,以後をデザートコースと呼び,テーブルスピーチなども行われる。現在では単に食後に供する菓子や果実をもデザートと呼ぶ。
→関連項目デセールフランス料理

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「デザート」の解説

デザート
dessert

食後の茶菓のこと。アメリカでは,食後の果物,プディング,パイ,アイスクリーム,チーズなどを含めていう。イギリスでは,おもに菓子のあとの果物をさしている。いずれにせよディナーの仕上げとして必ず供される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「デザート」の解説

デザート

〘名〙 (dessert)
洋食で、食後に出す果物、菓子、アイスクリーム、コーヒーなど。〔西洋礼式作法料理法食事法(1886)〕
② 「デザートコース」の

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「デザート」の解説

デザート(dessert)

正式の西洋料理で、サラダで終わる料理コースのあとに出される食べ物。菓子・アイスクリーム・コーヒー・果物・チーズなど。
一般に、食後の茶菓や果物。
[類語]フルーツ水菓子果菜果物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス「デザート」の解説

デザート

株式会社講談社が発行する女性向けコミック誌。毎月24日発売。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

栄養・生化学辞典「デザート」の解説

デザート

 西洋料理の主たるコースのあとに出される菓子や果物など.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「デザート」の解説

デザート【dessert】

食事の最後のコース。一般的にチーズ,甘みの菓子類,果物などをいう。イギリスでは甘みの菓子はスイーツsweetsと呼ばれ,その後に出る果物や木の実などをデザートという。デザートは同じつづりのフランス語デセールの英語化で,食卓の片づけをするの意。フランス語デセルビールdesservirを語源とする。食事の最後のコースに入る前に,いったんテーブルの上のものが片づけられたところから現在の意味に転じた。チーズのあとの甘み〈アントルメentremets〉としては,小麦粉の生地を用いたケーキ類,アイスクリームやシャーベットなどの氷菓,チョコレート菓子やプティフール(一口菓子)などのほか,レストランでは料理人が作る菓子〈アントルメ・ド・キュイジーヌentremets de cuisine〉とされているババロアスフレブラマンジェゼリープディングクレープ,果物のコンポートなどが前の料理とのバランスと各人の好みで選ばれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android